ノートPC買ってubuntu入れてみた。

先日、5万円で中古のノートPCを購入したので、
早速ubuntu入れてみた。
方針

  • 既存環境をできるだけ変更しない様にブートローダはNTLDRを使用する。
  • インターネット、ツイッター、簡単なプログラミングが出来ればOK
  • bluetoothマウスもどうにかつなぐ。
  • 出来れば電源管理も。

そうと決まればインストールです。
家に落ちていた外付CDを接続して、起動。
画面の指示通りにインストール。簡単簡単。

パーテーションの設定は以下の通り。
/dev/sda1 15GB NTFS Windows
/dev/sda2 10GB Ext4 ubuntu
/dev/sda5 2GB swap Linux swap領域
残りはWindowsとubuntuの両方から使えるデータ領域にでもしよう。

インストールの確認画面で「拡張」を押してブートローダのインストール先を変更。
linuxの/bootを含むパーテーションを選択すればよいので、
「/dev/sda2」とする。
・・が、OKボタンが押せなかったので「(hd0,1)」と指定。
(ここで間違えてますね。。)

次はNTLDRからブートできるようにする。
CDから起動して起動ファイルを作成し、
Windowsのファイルシステムにコピー。
$ sudo dd if=/dev/sda2 of=ubuntu.pbr bs=512 count=1
Cドライブ直下にubuntu.pbrをコピーして、boot.iniに以下の1行を追加。
c:ubuntu.pbr=”Ubuntu”

あとは再起動すればOS選択画面が表示されるはず!

簡単簡単!ubuntuへようこそ俺!

と思いながら再起動させるとNTLDRじゃなくてGRUBが出てくる。
間違えてMBRをGRUBにしてしまった・・・。やっちまった。

仕方がないのでWindowsXPのCDからブートして回復コンソール。
>fixmbr DeviceHarddisk0
>fixboot C:

さて、ubuntuを選択はできるようになったが、当然PBRがないので起動に失敗。
CDからブートしてF6連打で起動オプションを表示させ、
boot=casper
ってとこを
root=/dev/sda2
に変更してEnter
お、インストール時に作成したユーザがいる。
HDDからの起動であることを確認。

後はGRUBをインストールすればOK!
$ sudo grub-install –force /dev/sda2
もう一度
sudo dd if=/dev/sda2 of=ubuntu.pbr bs=512 count=1
Cドライブへコピー。

再起動、どうだ!

起動成功!!!
楽しい(であろう)ubuntuの世界にようこそ。俺。
失敗がなければもっと早かったよ・・。
とりあえずUpdate Managerからアップデート。

さてドライバのインストールをするか・・・
と思ったらほとんど自動認識されてる!
ボリュームダイアルも、Fnキーでのディスプレイ輝度調節もBTも全部。
電源管理アプリも自動インストール!完全にゆとりです。
強いていえば指紋センサが使えないくらいだけど全く支障無し。

4年前では無線LANすら認識されなかったのに、時代は変わってるなぁ。
Linuxの敷居は確実に低くなってます。
みなさんもぜひ。おすすめです。

あわせて読みたい新着記事: