Androidアプリ開発環境のインストール

火曜日にAndroid開発入門セミナーセミナーに出席するにあたり、
ノートPC(ubuntu10.04)に開発環境をインストールしたメモ。

1. JDKのインストール
$ sudo apt-get install openjdk-6-jdk

2. Android SDKのインストール
2.1 公式サイトからLinux版SDKをダウンロード。
http://developer.android.com/sdk/index.html

2.2 /opt/に解凍
$ sudo tar xvfz ./ダウンロード/android-sdk_r06-linux_86.tgz -C /opt/
所有者が変わってしまうので戻す
$ sudo chown -R *** /opt/android-sdk-linux_86

2.3 ./tools/を環境変数に追加
.bash_profileに以下の1行を追加
export PATH=${PATH}:/opt/android-sdk-linux_86/tools
再読込
$ source ~/.bash_profile

2.4 環境変数の確認
$ env
2.3で変更した内容がPATHに反映されていることを確認。

3. Eclipseのインストール
3.1 公式サイトからeclipseをダウンロード
http://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/technology/epp/downloads/release/galileo/SR2/eclipse-jee-galileo-SR2-linux-gtk.tar.gz
※Java EEではなくJavaで十分だが、他にWEB開発をする可能性もあるのでプラグインが多いJava EEをインストールした。
※今回はバージョン3.5.2を使用する

3.2 /opt/に解凍
sudo tar xvfz ./ダウンロード/eclipse-jee-galileo-SR2-linux-gtk.tar.gz -C /opt/

4. eclipseの設定
4.1 Android Developer Toolsプラグインの追加
[Help]->[Install New Software]->[add]
Name : Android Developer Tools
Location : https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
Developer Toolsを選択し、Nextを押してインストールする。
インストール後はメッセージに従ってeclipseを再起動。

4.2 Android SDKの設定
[Window]->[Peference]->[Android]->[SDK Location]
に先程インストール下SDKのパスを入力する
今回は/opt/android-sdk-linux_86/

5. 日本語化(Pleiades)
以下のURLから安定版を取得
http://mergedoc.sourceforge.jp/
プラグインをインストール
sudo cp -rf ./ダウンロード/pleiades_1.3.1/plugins/* /opt/eclipse/plugins/
sudo cp -rf ./ダウンロード/pleiades_1.3.1/features/* /opt/eclipse/features/
sudo chown -R libuuid.users /opt/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/
sudo chown -R libuuid.users /opt/eclipse/features/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/
eclipse.iniに以下の一行を追記
-javaagent:/opt/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

これでAndroidアプリ開発ができそうです。
やるかわからないけど。笑

あわせて読みたい新着記事: