中国製タブレット「SANEI N10豪華版」のアップグレード

こんばんわ、akiです。

本日はベトナムではない話題を。
以前の記事「中国で買ってきたAndroidタブレットを普通に使えるようにした。ついでにroot化も。」の続編です。
上記記事でβ版のインストールを行ったのですが、気づくとまた新しいファームウェアが出てました。

お店のお兄さん

深圳のお店のお兄さんです。彼から購入しました。

きっと前回とそんなに変わらないだろう、簡単簡単!とおもったら、どうやら「N10豪華版」のタブレットの中にはスクリーンの異なるW1、W2という2つの内部バージョンが存在するようです。ファームウェアが「crane_anpei101sy-r4.0.1120」の場合はW2モデルとのこと。ちなみにAndroidの設定画面のAbout Tablet(一番下)のBuild Number(一番下)で確認できます。
が、以前β版をインストールしたため分からない。うーーーん、悩んでいてもしかたがないのでW2を入れてみることにします。(真似しないでください。僕は大丈夫でしたが、壊れても知りません。)
http://szsanei.com/Products_show.asp?ps=3&id=93

ダウンロードした0244.rarを解凍。

0244\LiveSuit\LiveSuitPack_version_1.09_20120301.exe

を実行。言語選択画面が出るので、Englishを選択。前回は中国語オンリーだったのですが英語でアップグレードができるとは一安心。

LiveSuit.exeを実行し、ウィザートでMandatoryを選択。imgファイルはこちら。「0244\A1001T_W2屏(尚伊)软件1113\user-crane_anpei101w2sy-r4.0.2487\sun4i_crane_anpei101w2sy.img」

ここで、シャットダウンしたタブレットを電源以外のボタンを押しながらUSBケーブルを繋ぎ、電源を10回連打します。
するとROM書き換えモードとなるらしく、ドライバインストールの後にファームウェアの書き換えが始まります。4分ほどで完了。
早速起動。わくわく。

N10 画面異常

画面がおかしい・・・!

・・・・やってしまった。画面がおかしい。W1とW2はディスプレイが違うということなのできっとファームウェアが違ったんだろう。。

ということで気を取り直してW1用のファームウェアで同じ手順を実施。待つこと4分。
完璧です。動きもサクサク。マーケットのアクセスも問題なし。ちゃんと自分のバージョンを調べてから実施することをおすすめします。笑

あわせて読みたい新着記事: