本日オープン!ホーチミンのスターバックスに行ってきました。

Xin Chao! akiです。

ベトナムに来る、来るといわれていたスターバックス。
オープン前から圧倒的な存在感を示していましたが、 本日ついにベトナム1号店がホーチミン市の中心にオープンしました!

スターバックスinホーチミン オープン前

オープン前から話題騒然

さてさて、どんな感じでしょうか。

とりあえず突撃!ということで行ってみた

オープンイベント

オープンのイベントをやっていました

中ではどうやらオープンのイベントをやっている模様。ベトナム初ということで本社から誰か来ているのでしょうか。しかもあまり混んでない!?わくわく、と思って入ろうとすると・・・。え?2時オープンだって?まだ一般人は入れないって??
出直してきます。。

オープン時間に出直してきた

そして時は2時。外出の予定のついでに立ち寄りました。スタバの時間に合わせて予定を入れたといったほうが正しいかもしれません。笑
バイクはどこに置くんだろう、と思ったらこんな看板が。ホテルの駐輪場を使うようです。

スタバの看板

駐輪場はABタワーかニューワールドホテルをご利用ください。20m右側。
入店は20m左側にお並びください。

ということでホテルの駐輪場へ。ベンツが出入りするような超高級ホテルにノコノコと入っていきます。駐輪場は超満員でした。

ニューワールドホテルの駐輪場

ホテルの駐輪場を使います。1回1万ドン。

やってきましたスターバックス!

大盛況のスタバ

大盛況です。めっちゃ並んでます。

オープンを祝う花

オープンを祝う花がいっぱいです。`高級ホテルからのものが多かったです。

パッと見ただけで人、人、人。

並んでいる人達

どことなくおしゃれな人や若者が多く並んでいました。

並んでいる人もどことなくおしゃれ。日本人や欧米人もちらほら。

列の最後尾

列の最後尾はここ。右前に進み、その後左の店内へと列は進んでいきます。

最後尾まで行ってみた。並んでいる数自体はそれほどでもないのだが、列の進みがありえないくらい遅い。いつになったら飲めるんだろう。
テイクアウトでサクッと買って帰るくらいならできるかなと思ってたのですが完全に誤算でした。

パンフレットをもらってきた

パンフレットを配布してたのでもらってきました。
中を開くとメニューの説明があります。国内一号店であり、ベトナムコーヒーとは違うので詳しく説明しているのでしょうか。
ちなみにベトナム語と英語の併記で外国人を意識した作りです。
(念のため、Coffee Beans & Tea Leavesという米国系コーヒーチェーンは進出済みです)

スタバのパンフレット 内面

メニューの紹介があります。

スタバのパンフレット 外面

注文の方法が書いてあります。

サイズは諸外国と同じく「Tall」「Grande」「Venti」の3種類。日本にあるショートはありません。いつもの様に「ショートラテ!」と注文はできませんのでお気をつけください。また、ミルクの種類やシロップなどのオーダー方法も書いてあります。正直こんなにカスタマイズできるとは知りませんでした。

気になるお値段は

気になるお値段はスターバックスラテで60,000VND(約250円)より。トールサイズなので、日本よりも安いですね。

番外編!Startup Coffee

すみません、ここまでスタバのレポートを書いておきながら、実は混雑しすぎていたので注文していません。代わりにロゴが似ているSTARTUP COFFEE(スタートアップコーヒー)に行ってきました。

スタバに似たロゴ

ロゴの中心には自由の女神が。

見覚えのあるこのロゴ。ヘーゼルナッツラテを頼んでみました。35,000ドン(約150円)。うん、普通に美味しい。

スタートアップコーヒー外観

外観はスタバを意識していないようです。

このSTARTUP COFFEEも旅行者街から近いので行ってみてはいかがでしょうか。

以上、スターバックスとスタートアップのレポートでした。次こそは、しっかりとスタバのコーヒーを味わいたいです。

あわせて読みたい新着記事: