バイク修理再び!素晴らしき路上の技術者達。

Xin Chao! akiです。

バイクに乗っているといつかは調子が悪くなってくるものです。先日も走っていると急にマフラーからの音がうるさくなっていることに気付きました。バックファイヤーも出ているようで、どうやらマフラーがおかしくなった模様。穴あいてたら高いから嫌だな・・と思いつつ、左ウインカーも玉切れしているので、会社の近くのバイク修理のおじさんに見てもらいました。

バイク修理のおじさん

路上の技術者達。腕は確かと信じたい。

僕「すみません!」(ここまでベトナム語) 「マフラー、うるさい。ウインカー、つかない」(ボディーランゲージ)
おじさん「任せろ!1時間な!」
僕「夕方に来ます!」
おじさん「おーけーおーけー!」

的な会話をしてそのまま仕事へ。
外出のちょっと前に戻ると、綺麗サッパリ直っていました。

僕「何がおかしかったんだ??ここか?ここか?」(もちろんボディーランゲージ)
おじさん「ここが取れていたんだ!それとこいつが壊れてた」(ボディーランゲージ)
僕「なるほど!ありがとう!」(ここはベトナム語)

どうやらマフラーは根本のネジが緩んで外れていて排気漏れが起きていたようです。部品が無事でよかった。ウインカーもソケットが壊れていたので取り替えてくれたようです。

僕「おいくら?」
おじさん「2万ドン!(約80円)」
僕「に、にまんどん!?」
おじさん「そうだ」

2万ドン!?80円ですよ。安っ。ありがとう!と言ってそのまま仕事に戻りました。

ベトナム語オンリーですが、どうせバイク屋もベトナム語オンリーなので変わりません。路上の修理工たち、バイク屋よりも安くてお勧めです。

あわせて読みたい新着記事: