マレーシアの交通機関を見てみよう!マレーシア航空とKLIA ekspres編

Xin Chao!akiです。

ホーチミンに住んでいる僕ですが、旅行好きなのでアジア各国に旅行に行ったりもします。つい先日もシンガポールまで行ってきたので、マレーシアの交通機関を紹介したいと思います!

あれ?って思った方居ますよね。実は直前にシンガポール行きが決まったので直行便が高騰しており、マレーシアまで飛んでから電車で移動することにしたのです。エアアジアよりもマレーシア航空のほうが安かったので、久しぶりにLCCじゃない航空機に乗りました。

マレーシア航空

マレーシア航空は言わずと知れたマレーシアのフラッグシップキャリアです。エアアジアの台頭で経営難のようですが、サービスは一定の評価を得ている模様。僕はここでマレーシアの民族衣装を知りました。

マレーシア航空機内食

お世辞にも美味しいとはいえない機内食。せっかくだから!と頼んだワインも美味しくない。

1時間40分のフライトですが、ちゃんと機内食が出ます。でも味は微妙。まずくはないのだが・・・。うーん。せっかくLCCじゃないから飲もう!と思って頼んだワインは美味しくなかったです。笑

ずっと本を読んでいたのですが、ちょっと飽きた頃に情報誌を眺めてみました。この情報誌、結構面白いんですよね。マレーシア航空のものも世界各国の都市の特集があって面白かったです。で、フライトマップ。

マレーシア航空フライトマップ

色々と突っ込みどころの多いフライトマップ

さすがフラッグシップキャリア。世界各国に飛んでいる。と思ったら各都市の場所がずれている!?
大阪は日本海に面しているしソウルなんて完全に平壌です。ニューデリーはインドの面積をだいぶ大きくして、、、、中国など他にも突っ込むろことは多いのですが、クアラルンプールすらずれてるので大目に見ることにします。自国もずれてるならしかたないです。。
ちなみに東南アジア路線図は別にあります。ちゃんとベトナムから飛んでます。

ちなみにこのホーチミン線、乗客がすくないらしく小さい機体で運行されており、座席にエンターテイメント設備がありません。私はどうせ使わないのでいいのですが、気になる方は注意しましょう。

マレーシア航空オーディオガイド

日本の歌は充実・・・!?

情報誌を読むと日本の歌も多く入っていたようです。時代のごちゃまぜ感がなんとも言えないですね。そんなことよりも

「GLAMOROUS SKY – HYDE」

この曲が個人的に最高でした。HYDEバージョンがこんな所で聞けるなんて!ちなみに音源持ってますけどHYDEバージョンがバージョン、なかなかいいですよ。中島美嘉のモノしか聞いたことがない人がほとんどだと思いますので、ぜひマレーシア航空で聞いてみてください。笑

KLIA ekspres

さて、空港につきました。KLIA(Kuala Lumpur International Airport)は何度か着ているのですが、いつもエアアジアなのでLCCターミナルしか行ったことなかったです。なので色々見てみたいところなのですが、電車がギリギリなので脇目もふらずにダッシュ。

空港から街まではKLIA ekspresという名前の特急があります。ekspresは英語のタイプミスではありません。マレー語です。空港から街までを時速160キロで28分で結びます。お値段は40RM(約1200円)。値段はバスの4倍しますが、時間は半分以下。

KLIA ekspres車内

ちょっと年季が入っている車内

車内は結構年季が入っています。でも東南アジアの鉄道としては間違いなくトップクラスでしょう。最高時速160キロは成田スカイアクセスと同じです。

KLIA ekspres車内

車内はインターネットが使い放題!

KLIA ekspresの素晴らしいところは、車内とホームが全線インターネット使い放題ということ。wi-fiを接続して、名前、メールアドレスを入れれば誰でもインターネットに繋がります。

徐々にビルが増えていく町並みを眺めているともうあっという間にKL sentral駅に到着。sentralもタイプミスではなくマレー語です。マレー語は英語に似ている単語が多いんですよね。

ということでベトナムからクアラルンプールに来ました!次の記事ではマレー鉄道でシンガポールに向かいます!

あわせて読みたい新着記事: