ベトナム最大級のテーマパーク、スイティエン(Suoi Tien)公園に行ってきました。(前編)

Xin Chao! akiです。
ベトナムの更新がご無沙汰になってしまいました。

先日ベトナム最大級のテーマパークであるスイティエン(Suoi Tien)公園に出かけて来ました!
この公園は100へクタールを超える広さを誇り、「世界の有名テーマパーク12選」に選ばれたこともあり、あのディズニーワールドと肩を並べる存在なのです。ところでこの調査、何を持って12選を選んだのかは完全に謎です。世界中の偽物キャラクターに会える中国のテーマパークもランクインしているあたり、「有名」なテーマパークを選んでいることは間違いなさそうです。

このスイティエン公園ですが、プール、水族館、遊園地、ワニ釣り、マッサージまでなんでも揃った超巨大アミューズメントパークなのです。ここに来れば一日中楽しめます。もう一回行ってもいいくらいです。

さっそく入場

それでは早速入ってみましょう。入場料は一人80,000ドン(約360円)です。

スイティエン公園 入口

まだお正月ムードが抜けていない入口

入り口はまだお正月ムードが抜けていないようです。もう3月も中旬なのに「Chuc mung nam moi(あけましておめでとう)」と書いてありました。正面の階段を登って入場します。それにしても、いつも思うのですがこの国にはまだまだバリアフリーという概念は存在しないですね。
・・・とさらっと書きましたが、この大きな牙は象が必死に支えているし、その間にいる黄金のカエルは回転しています。のっけから、やってくれますスイティエン公園。

スイティエン公園 入口

入口の先では金の獅子が出迎えます

ゲートを抜けるとそこには黄金のドラゴンが鎮座しています。この後もよくわからないオブジェが沢山あり、まさにベトナム!といった感じです。

アトラクション

スイティエン公園には数多くのアトラクションがあります。はしゃぎすぎて写真をだいぶ撮り忘れてきましたが、いくつか紹介します。

観覧車

やはり遊園地として真っ先に思い浮かべるのが観覧車。お世辞にも大きいとはいえないのですが、立派な観覧車があります。

スイティエン公園 観覧車

遊園地といえば観覧車!ですよね。

ちなみに右側に見える龍の建物もアトラクションです。観覧車の下には休憩に使えるテーブルがあり、なんとも良い感じ。周りに目をやれば釣りを楽しんでいる人の姿も見えます。・・・ん、なぜに釣り??

スイティエン公園 観覧車からの景色

観覧車からは公園を一望出来ます

観覧車からは講演を一望することができます。ローラーコースターはもちろん、遠くにはフン王(ベトナム最古の国王)の顔を模した巨大な壁が見えますね。なんと高さは70mもあるそうです。ちなみにここもスイティエン公園の一部であり、ベトナムでは初めてとなる人工波プールがあります。海に行くには高速船で1時間半かかるホーチミンならではですね。

ローラーコースター

遊園地といったらこれですね!上では遊園地といえば観覧車!と言ったのですが、やはりローラーコースターです。これがないと個人的には始まりません。そんな私はディズニーより富士急派です。

スイティエン公園 ローラーコースター

本格的なローラーコースター

意外とちゃんとしています。装飾よりも安全性を重視してくれているのでしょうか、なんだか一安心。ちなみに観覧車から見える池を一周して終わります。カーブは左回りのみ。もう少し良い作り方がなかったものかと疑問が残ります。

スイティエン ローラーコースター説明

公園内にあったローラーコースターの看板

公園内の看板によると、長さ1200メートル、落差30メートル、最高時速200キロだそうです。絶対嘘です。どう見ても200キロも出ていません。ベトナムに溢れているスクーターで追い越せるスピードです。他の2つは本当かもしれません。スピードや落差が怖いというよりは、走行中にがたがた揺れるのが怖いです。

ベトナムに来たばかりであれば、市内でバイクタクシーに乗るほうがスリルを味わえるでしょう。ちなみに1回5万ドン(約220円)。全然並んでないので何度でも乗れます。

お気づきの方もいるかもしれませんが、この公園、看板には徹底して英語表記が付記いされています。ベトナムの観光地としてはとても珍しく外国人の集客に力を入れているのかもしれません。

釣り

上の観覧車のところで、釣りを楽しんでいる人がいると書きましたが、実はアトラクションでした。しかも、釣れた魚を購入したり、園内のレストランで調理してもらって食べることが出来るようです。釣り竿は竹でできていて、竹に糸をつけただけのシンプルなものでした。残念ながら魚の名前はベトナム語のみだったため、何がいるかはわかりません。疲れたらベンチに座って釣り、というのもありかもしれませんね。

ドクターフィッシュ

手や足を水槽に入れると魚が表面の角質を食べてくれるというあれです。足湯のようなところで20人くらいが一斉に魚に食べられていました。心なしか日本のよりも魚が大きかった気がします。靴を脱ぐのが面倒でやりませんでした・・・。

ワニ釣り

スイティエン公園ではワニ釣りを楽しむことができます、場所は公園の一番奥、クロコダイル王国です。たくさんのワニがうようよとこっちを見てきます。興奮して写真を撮り忘れてしまいました。ホーチミンで気軽にワニ釣りを楽しむにはうってつけの場所ですね!そんな需要がどのくらいあるかはわかりませんが・・・。
ちなみに、園内のレストランではワニ料理も楽しめるようです。

次回に続きます。

ちょっと長くなってしまったので次回に続きます。
次回はスイティエン公園のアトラクション紹介後編、パレード、公園の楽しみ方について書きますね!

あわせて読みたい新着記事: