ベトナムのとある日常。チョコレートと鍵事件

Xin Chao! akiです。

最初に言っておきますが、今回かなりどうでもいい記事です。笑
ベトナム人友人たちの日常?を記事にしてみました。

先日ベトナム人の友人とランチに行ってきました。場所はBaby Spoon。たまには日系の洋食店にも行ってみます。友人は携帯をオフィスに忘れても気にしない様子。話も弾み、ご飯がとっても美味しくて満足!

「あっ、今日友達と1時に集まるんだった!やばい」と友人。既に40分過ぎてるよ・・・急いでオフィスに戻り携帯を確認すると着信がいっぱい。これは怒られそうだな~と半ば他人ごとの僕でしたが、しばらくするとこんな光景が。

飛び散ったチョコレート

赤黒いものが道路に飛んでいる・・・

持っていた袋で全力で殴ったらしい。どうやら本気で怒らせてしまったみたいですね。

・・・・・と、流血事件のような光景になってますが、チョコレートです。袋の中のチョコレートペーストが飛び散りました。僕の友人の服にもチョコレートが。相変わらず半ば他人ごとで笑いつつみてました。チョコレートと入っていた袋は近くにあったゴミ回収車に投入。一件落着。

しばらくすると、「バイクの鍵がない!あっ、さっきの袋・・・」と友人の友人が言ってます。ゴミ回収車は手動なので遠くには行ってないはずなのですがあたりを見回しても見当たらない。

今まで傍観者だった僕が何故かバイクで一緒に探すことになりました。近くを走って、清掃員を見つけて聞く。こうして見ると、こんなにもたくさんの清掃員と収集車が町中にいるんですね。数百メートル毎に収集車と清掃員。みんなが路上にゴミを捨てなくなったらどれだけコストが下がるのだろうかと思いながら色々と探しても、捨てたと思われる箱は見当たらず、結局収集所へ。

手動なのでとても近いですね、橋の下がごみ収集所になっていました。

ゴミ分別中

ゴミ分別中の様子。

収集所の近くの路上ではおばさんがゴミの分別中。ちなみにホーチミンではまだ分別収集は行われていません。この赤い箱が手動の収集車。後ろにもいっぱい駐車してありますね。

「すみません、あとは自分で探します」と言って待ちに消えていくベトナム人。大丈夫かな・・。近くのバイク屋は鍵なしでエンジンかかるようにしてくれる(実績あり)からそこいけば取りあえず動くとオススメしたけど嫌らしい。そりゃそーか。

しばらくすると沢山のケーキとともに戻って来ました。ひたすらゴミを漁り続けて発見したとのこと。良かった良かった。御礼に頂いたケーキは食べきれずにみんなで分けました。も1時間遅れて怒っていたのが嘘のようです。

ベトナムに住んでるとこんな日常も楽しめます。是非ベトナムに住んでみませんか?笑

あわせて読みたい新着記事: