9ヶ月ぶりに日本のバイクと再会!!

日本に一時帰国中のakiです。

昨日、日本の友人宅に置いておいたバイクの動作確認に行ってきました。

SR500

友人宅に置かせてもらってました

屋根があるとこにカバーをかけた上での保管とはいえ、9ヶ月間の放置。友人は中免のために運転できないばかりか、キックでエンジンが掛けられないので完全に放置でした。動くか不安。

そのうえ、バイクを見ると以下2点の保管ミスが発覚。

  • キャブレータのガソリン抜いてない
  • サイドスタンド使ってる!?←一番のミスですね

みてみるとホコリはかぶってはいるものの意外とキレイ。錆びてない。良かった良かった。ガソリンタンクの中も錆びてない。ガソリンは・・・こんな色だっけ?見てもわからない。

ちょっと移動してエンジンを掛けてみる。キーをONに。ニュートランプインジケータが点灯したのは驚きでした。バッテリー死んでなかったんですね。そしてキックを数回。10回目くらいでエンジン始動。おおっ!

10分ほど街中を走ってみて問題がないことを確認。むしろ思わず右側を走りそうになったり、ロータリー式ギアに慣れすぎて思わず1速から下に踏んでしまったり、ギアを落とすときにかかとで踏もうとしたり、つい2速発進したりとドライバーに問題がありました。笑

来週は走りに行くぞ!!

あわせて読みたい新着記事: