ベトナムで新しいバイクを買いました!

実は私、日本にいるころはテントを積んで一般道で日本一周したりするようなバイク好きでした。ベトナムに来てからも来越後5日でバイクを購入した乗り回し、クチトンネルやブンタウまで半径100キロ強を行動範囲にしていました。先日ダナンに行った時はついにバイクで片道400キロも走ってしまいました。こちらについてはまた後日記事にしますね。

バイク探しの日々

ダナンから帰ってきて、やはりスクーターではないバイクがほしい!と思ったので早速インターネットで探して見ることにしました。探したのはベトナムローカルの個人売買サイト3サイト、英語の個人売買サイトcraigslist、そして日本語の個人売買サイトPOSTEです。インターネットではスクータータイプは毎日何台も登録があるのですが、それ以外は非常に少なく、流動性がものすごく低かったです。相場はつかめても、かなり待たないと良い物は出品されなさそうです。ちなみに、やはりここでも日本語だと値段が高く、ベトナム語と英語では値段があまり変わらないというホーチミンではよくある日本語インフレが起きています。一部のバイクを見ていると、英語サイトで買って日本語サイトで売れば利ざやが稼げるのではないかと思うものも多くあります。

今年から「バイクを購入したのに名義人を変更していない場合は罰金」という法律が新たに施行されているので、名義人を変更するために買うならベトナム語サイトだなと決めていました。外国人名義は基本的に発行できないので、外国人から買うと本来の名義人まで辿りつけないと思ったからです。ちなみに名義変更自体は元々の名義人と新しい名義人がそれぞれ居住地の役所にいけば終わります。

インターネットを諦めて街のバイク屋を巡りだしました。まずは一区の中心にあるバイク屋街、Ly Tu Tuong通り(西側)です。何件か回ってみるもやはり数が少ない。しかも値段も高め。次に行ったのが中心部からちょっと北に外れたフーニャン(Phu Nhuan)区にあるHoang Van Thu通り。こちらは数が多く、安いものから高いものまでたくさんありました。普通のよく見る形式のバイクではなんと新車で500万ドン(約24000円)のものもあり、驚き。一軒一軒入っていって値段を聞くこと30分、安いお店を見つけました。ここです。

63 Hoang Van Thu

普通の街のバイク屋です。

住所は63 Hoang Van Thu。片言の英語ができる店員さんがいました。同じバイクがなんと他の店の半額程。HONDAにもタイ生産モデルと中国生産モデルがあり、中国生産モデルが置いてありました。この国では中国のものはものすごい評価が低いんですよね。ただどう見てもメンテナンスせずに売っている感じだったので購入前に見えるところは念入りに確認しました。同じモデルが2台あったのですが、よく見ると車両状態がかなり違っていました。ちなみにタイヤだけはどれも新品。

支払い前のATM周り

いざ買おう!と思ってもそんな大金なかなか持っていないものです。一週間100万ドン(約4500円)で暮らそうと思えば余裕でくらせてしまうこの国のATMではカードのキャッシングは1回に200万ドンまで。手数料はSacomBankが3万ドン、VietinBankが5万5千ドンでした。HSBCは550万ドンまでおろせて手数料が11万ドンでした。うーん、結構違う。普通の銀行預金から下ろそうにも、ATMから「この機会は1回350万ドンまでです」と言われてしまう始末。しかも繰り返しているうちにATM内の現金がなくなって下ろせなくなってしまう。結局4ATMをはしごして何度も何度もお金を引き出しました。ATMを回ってかき集めた、という感じですね。

ATMからかき集めてきたお金

ATMからかき集めてきたお金を・・・・

お金を数える店員

店のおじさんが頑張って数えます。

早速の修理

走ってみるとクラッチのつながりが非常に悪い。やはりダメか、と思いながら行きつけの路上のバイク屋に言ってみる。顔も覚えてくれているので「おお、新しいバイクか!」と言いながら色々とチェックしてくれる。「どこで買ったんだ、本当にお店なのか?」とか言っているのでかなり状態悪い様子。でも個人売買の相場より安かったよ、と言って値段を伝えると「おお、それならいい買い物だな!」といってくれたので一安心。

オイルが全く交換されていなかったので新品に交換、チェーンが汚く、オイルが切れていたので洗浄、注油とともに、なんとクラッチ板が摩耗しきっていたので交換。これは走行距離かなり走ってるな・・。この修理一式で90万ドン(約4000円)。

快適になりました

これでどこまででも走っていけそうです!この夏はベトナムツーリング三昧!いつも夏だし、これから雨季ですが。笑

続き

次の記事ではベトナムのバイクの名義変更について書きました!

あわせて読みたい新着記事: