フィリピン旅行記~マニラ観光案内編~

ブログを書くのがすっかりご無沙汰になってしまいました。ちなみに、ベトナム関連の記事はベトナム生活・観光情報ナビに書いているのでそちらも宜しければご覧ください。 ところで、ベトナムの旧正月を利用してフィリピンに旅行してきました。初めてのフィリピン、他の東南アジアの国とも少し違った感じでとっても楽しめました。まずは首都マニラの様子を紹介します。

メトロマニラ

メトロマニラ

フィリピンの首都マニラについて

フィリピンの首都はマニラ、ということなのですが、メトロマニラと呼ばれる地域が首都で、その中にマカティ市やマニラ市という市があるそうです。ビジネスの中心はマカティ市。住所で書くとフィリピン国マカティ市・・・となり、「マニラ」という文字は住所に出てこないとのこと。てっきりマニラ市(マニラ都?)という大きなものがあると思っていたのですが、メトロマニラ=首都圏のようなイメージで行政区画ではないようです。ただ、メトロマニラといえばだれにでも通じます。些細な事ですが驚きました。

ビジネスの中心マカティ市

マカティ市

マカティ市

マニラの中でも高層ビルが立ち並び治安が良いのがこのマカティ市。ビジネスでマニラを訪れる人はこのマカティ市にいることがほとんどでしょう。

マニラの治安

マニラというと「治安が悪い」というイメージを持っている人も多いでしょう。実際にフィリピン在住の方々も同じような意見でした。銃の所持が許可されている社会というのが大きいのでしょう。バスに乗っていたらナイフで脅されて貴重品を取られた話や、殴られて血だらけになった話などもあるそうです。マカティ市ではそんなことはなさそうですが、チャイナタウン方面は少々治安が悪い地域のようなのでスキを見せないように歩きましょう。街灯も少なく夜は薄暗いです。

マニラでの交通

メトロマニラでの主な交通機関はMRT(高架鉄道)、タクシー、トライシクル、ジープニー。トライシクルはサイドカーに乗るような3輪バイクタクシー。ジープニーはもともとは米軍が使っていたジープを改造してバスのような乗り物にしたものでで、バスのように市内を縦横無尽に走っています。

マニラの駅から見た景色

マニラの駅から見た景色

空港から市内への行き方

空港へはこのジープニーと電車を乗り継いで市内へ行けるのですが、タクシーを使う人が多いでしょう。タクシーは黄色いエアポートタクシーと白い普通のタクシーがあります。エアポートタクシーは安全な代わりにメーターが高く設定されていルトのことなのですが、このタクシーでもメーターを使わなかったりと色々と交渉があることが多いそうです。私は普通の白いタクシーに乗りました。出発ターミナルまで登ってから、マニラのはよく知っているかのように下で紹介するショッピングモールMOAまでと告げたところ何も言われずにメーターで走ってくれました。

タクシー

まずはタクシー。旅行者はタクシーを利用することが多いのではないでしょうか。基本的にはメーターを使ってくれるのですが、「メーターにプラスしていくら払うんだ?」などと交渉してくるドライバーもいます。やめて降りて他のタクシーに乗ったら交渉がなかったこともありました。交渉にのるか、そのタクシーは諦めておりるか、色々と楽しんでみてください。渋滞や距離(遠い場合)などを理由にしてくるのですが、かなり減額できました。

タクシーの車窓から

タクシーの車窓から

タクシーからの景色。大渋滞でした。ちなみに初乗りは40ペソ。お釣りは10ペソ単位でだいたい切り捨てられます。

トライシクル

客待ちのトライシクル

客待ちのトライシクル

このバイクにサイドカーをつけたトライシクル等乗り物がフィリピン特有の3輪タクシーです。対のトゥクトゥク等、東南アジアでは各国少しづつ違った形の3輪タクシーがありますね。

トライシクルで走行中の景色

トライシクルで走行中の景色

乗る前に行先を伝えて料金交渉。タクシーの料金をだいたい知っておくと、その半額程度で行けるのではないでしょうか。私はなんとなく地図を見て、タクシーの値段を想像できるので結構助かっています。値段交渉も英語が通じるので普段住んでるベトナムと比べると非常に簡単。

ジープニー

ジープニー

ジープニー

こちらはジープニー。元々は米軍が使っていたジープを転用したものだそうなのですが、最近はトラックを改造したジープニーも走っているようです。こちらは初乗り8ペソ。

ジープニー車内

ジープニー車内

社内はこのように通勤電車のように座ります。運転席か後ろに集金係がいるのですが、なんと隣の人に渡すとバケツリレーでそこまでお金を持って行ってくれます。お釣りも同じくバケツリレーで戻ってきます。ちなみに50ペソ以下の札、できれば20ペソ札かコインを使うようにしましょう。基本的にコインしか持ってないのでお釣りがない可能性が高いです。

ジープニーの運転席

ジープニーの運転席

運転席で集金をしている様子。長距離乗る場合は最大13ペソとなるそうなので、お金を払う時は行先を告げます。フィリピンは英語が通じる国なのでコミュニケーションのハードルも低くていいですね。 ただ、このジープニーは危険だという声も聞きました。行先は場所の名前だけをサッと伝えて静かに座っているのが良いかもしれません。私は全く危険を感じず、フィリピン人も同じく高級スマホを持っているものがいたのですが、車内でスマホを出すのはとても危険という声もありました。

電車(MRT、LRT)

マニラの鉄道

マニラの鉄道

マニラ市内には電車も走っています。こちらも10~15ペソで乗ることができ、ルートによってはタクシーよりも早いこともありました。ただ、こちらも治安を不安視する声がありました。スマホやカメラは出さないほうが良さそうです。

電車の車内

電車の車内

電車の車内はとてもきれいで乗車マナーも悪くありません。ただ、路線によっては昼間も大混雑していることもあり、日本の通勤電車のようでした。最低限、スリには気をつけましょう。一応改札の入口に荷物チェックの警備員がいるのですが、フィリピンの荷物チェック、どう見ても甘いのであまり意味が無いかと思われます。

マニラのおすすめ観光地一覧

フィリピンは400年以上スペインに支配されていたという歴史を持っており、スペイン統治時代の建物なども多く残っています。今回訪問したマニラの観光地を紹介します。

イントラムロス

イントラムロス

イントラムロス

スペイン統治時代に城壁の街が作られたのがここ、イントラムロス。 入口の脇に小さなASEANの記念公園があり、当時の各国の代表の銅像がありました。

フィリピン代表

フィリピン代表

フィリピン代表が正面にいて、

Asean各国代表

Asean各国代表

各国の代表が並んでいます。あれ、奥にまだ一つ銅像があるのは何でしょう。

なぜか離れてホー・チ・ミンさん

なぜか離れてホー・チ・ミンさん

ホー・チ・ミンさん、なぜ1人だけ隔離されてるのでしょうか?

マニラ大聖堂

イントラムロスの中を歩いているとこのマニラ大聖堂を見つけるでしょう。とても立派な聖堂です。

マニラ大聖堂

マニラ大聖堂

残念ながら修復工事中で中へは入れず。教会が改修している間、ミサは周辺の他の協会で行われていました。

カルロス像

カルロス像

教会の隣にはこのカルロス像があります。

プラザ・デ・サンタイザベル

プラザ・デ・サンタイザベル

こちらはプラザ・デ・サンタイザベルという公園にあるメモラーレ・マニラ・モニュメント。こちらはスペイン時代のものかとおもいきや、実は第二次世界大戦の際に日本軍との地上戦で亡くなった方々に捧げられています。

サン・アグスティン教会

こちらは世界遺産のサン・アグスティン教会。スペイン統治時代の1607年建てられたもので、フィリピンに現存する最古の教会です。これもイントラムロスの内部にあります。

世界遺産、サン・アグスティン教会

世界遺産、サン・アグスティン教会

1607年といえば日本では江戸幕府ができた直後。度重なる地震にも、世界大戦の戦火も耐えて今も残っているとかんがえると感慨深いですね。

サン・アグスティン教会

サン・アグスティン教会

ミサの時間にもなると多くのフィリピン人で賑わうそうです。

教会の中庭

教会の中庭

中庭でゆっくりするのも気持ちいいですね。

サン・アグスティン教会

サン・アグスティン教会

教会の横には博物館も併設されており、100ペソで入場できます。

リサール公園

イントラムロスの隣にあるのがこのリサール公園。リサールは19世紀にフィリピンの独立運動を指導していた国民的英雄です。

リサール公園のリサール像

リサール公園のリサール像

フィリピン国旗がたなびく奥にリサールの像があります。リサールはスペイン政府により捉えられ、この地で銃殺刑となりました。当時、35歳だったそうです。

リサール公園の中国庭園

リサール公園の中国庭園

公園内には大きくて立派な中国庭園があります。実はこのとなりに小さく日本庭園があるのですが、あまり手入れされていないのか残念な形になっていました。

リサール公園の鳥達

リサール公園の鳥達

公園には大きな巣箱があり野鳥が集まっている場所がありました。

馬車で公園を回ることもできます

馬車で公園を回ることもできます

馬車で公園を回ることもできるようで、ちょうど欧米人が馬車に乗っていました。

ラプラプ像

ラプラプ像

こちらはラプラプ像。ラプラプもフィリピンの国民的英雄の1人で、セブ島に隣接するマクタン島の領主でした。時は大航海時代、1521年4月27日、キリスト教への改宗を迫るマゼランと戦った末にマゼランを倒したのがこのラプラプでした。現在では、マクタン島の大部分はラプラプ市という名前になっています。

フィリピン人博物館

フィリピン人博物館

隣にはフィリピン人博物館。

フィリピンマップ

フィリピンマップ

フィリピンの地図になっている湖もあります。

ショッピングモール天国フィリピン~おすすめのモール紹介~

フィリピンと言えばショッピングモール!インドネシアのジャカルタもそうですが、マニラ市内にも様々なショッピングモールがあります。ショッピングモール好きとしてはベトナムにもこんな大きくてきれいなモールが出来てほしいものです・・・。訪問したモールを幾つか紹介します。このどれか一つに行くだけで半日以上楽しめるでしょう。

モール・オブ・アジア(Mall of Asia:MOA)

モール・オブ・アジア

モール・オブ・アジア

空港を出て最初に行ったのがここ、モール・オブ・アジア。アジア最大のショッピングモールということで600点ものテナントが入っているそうです。

モール・オブ・アジアから見るBay Walkスポット

モール・オブ・アジアから見るBay Walkスポット

モールのマニラ湾沿いにはBay Walkスポットとなっており、多くの飲食店が並んでいます。海に沈む夕日を見ながら時間を過ごせる最高の場所です。

モール・オブ・アジアのスケートリンク

モール・オブ・アジアのスケートリンク

 

歩きまわるともう大変、とっても大きいモールです。映画館などもありました。スケートリンクもあります。電化製品、雑貨、ファッション、世界各国の料理などがあり、ここにくればなんでも揃ってしまいそうです。ユニクロや無印良品といった日本のショップも出店しています。

グリーンベルト

マカティ市にあるショッピングモール、グリーンベルト。

グリーンベルト

グリーンベルト

グリーンベルト1~5までの5つの建物で構成されています。

グリーンベルト

グリーンベルト

最新のファッションや様々な飲食店が入っています。建物の間は公園のようになっているので昼間にゆっくりと歩くのも良さそうです。

グリーンベルトの飲食店街

グリーンベルトの飲食店街

夜のディナー時はどこも大繁盛。

飲食店はどこも繁盛

飲食店はどこも繁盛

グロリエッタ

グロリエッタ

グロリエッタ

グリーンベルトの隣にあるショッピングモールで、こちらもグロリエッタ1~5までの5つで構成されています。上にはコンドミニアムもありますね。

夜のグロリエッタ

夜のグロリエッタ

各建物の間には道路が走っているのですが、公園もありました。デートスポットのようです。

グロリエッタ公園のオブジェ

グロリエッタ公園のオブジェ

グリーンベルトとはランドマークというショッピングモールと歩道橋で繋がっており、一緒に回ると丸一日かかるのではないかというほど大きいです。

歩道橋

歩道橋

友人の会社がここでラーメン屋をやっているとのことなので食べてきましたw

グロリエッタの竹虎のラーメン

グロリエッタの竹虎のラーメン

まさかフィリピンまで来てらーめんを食べるとは思ってなかったのですが、美味しかったです。ただ、味付けが少々甘い・・・?きっとフィリピン仕様になっています。フィリピンはベトナムに比べてラーメン屋が沢山あり、かなり洗練されている気がします。というか、全体的にベトナムとは比べられないくらい都会です。

フィリピンでパケット定額を使う

旅先であると便利なのが3G。Google Mapは様々な場面で旅を助けてくれます。Mapを見ていればタクシーも遠回りせずに目的地まで走ってくれます。 ここフィリピンでもSIMフリーの端末を持っていればSIMカードを購入して3Gインターネットを安価に使うことができます。テザリングもできるのでよく海外に行く方はSIMフリーのスマートフォンを1台持っておくのがお勧めです。今回私が使ったのは「Smart」という携帯キャリア。SIMカードは携帯ショップやショッピングモールの案内所などで販売されています。Smart BuddyというSIMカードを購入しました。携帯ショップではSIMカードをマイクロSIMにカットしてくれる所も多いので聞いてみるとよいでしょう。 パケット定額の登録方法はとっても簡単で、「211」宛に以下のコードをSMSで送れば登録完了。すぐに英語で登録完了のメッセージが送られてきます。

  • 1日(24時間)定額(50ペソ):UNLI50
  • 1週間定額(299ペソ):UNLI299
  • 30日定額(1200ペソ):UNLI1200

Unlimitedの略UNLIと数字ですね。似たような名前のサービスもあるそうなので、大文字でスペース無しで打ち込んだほうが良さそうです。 APN設定は自動で行われましたが、以下の通りです。

  • APN:smartlte
  • Username:(なし)
  • Password:(なし)

今回購入したSIMはLTE非対応の3GSIMだったのですが、APNの名前はLTEとなっていますね。 なお、他のプランなどはこちらのSmart公式ページを参照ください。(英語です)

マニラに行ってきた感想

フィリピンは危ない危ないと何度も聞かされていたのでちょっとビビっていたのですがそんなこともなく無事に楽しめました。ただ、人によっては写真を撮ったりスマホを出すのは危ない、という方もいたので安全には気をつけて楽しみたいところです。スキがある人は狙われるのはベトナムも変わらないので・・・。

ところで、初めてのフィリピンだったのですが想像以上の大都会でびっくりしました。街には車が溢れ、大きなショッピングモールが立ち並び、意外ときれいな電車が走っています。他の東南アジアの街とはまた違った雰囲気で、この街も住みたくなってしまいました。最近、行く街行く街住みたくなっちゃって困ってます。笑

あわせて読みたい新着記事: