セブ島半周ツーリングでジンベイザメと泳いでから温泉に入ってきました

2月のフィリピン旅行の続きです。マニラに行ってからバナウエの棚田を見て、そしてセブに来ました。セブでは友人の家にお世話になって海に行くこともなくゆったりと過ごしていたのですが、やっぱりツーリングと温泉は欠かせない!ということで出かけてきました。

早朝のセブを出発

思い立ったら即行動!ということで早朝のセブを出発。時間は4時半。まだまだ交通量も少ないので今のうちに市内を抜けちゃいましょう。

朝5時のセブ

朝5時の

今回の相棒は近くのレンタバイクショップで借りた100ccくらいのスズキのバイク。4速セミオートマです。 鯨は午前中がよく見えると聞いたので、夜の暗い中ひたすら南に走ります。シェルでガソリンを入れて、日系企業のコンクリート工場を通って、街を幾つか通って、、オスロブという鯨が見える街まで走ります。

ホエールウォッチング

明るくなってからもしばらく走ってありました、ホエールウォッチング。右の方に看板が出ていますね。

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

ボートから見るだけなら500ペソ、シュノーケリングは1000ペソでした。1000ペソは約2300円です。結構高い・・・。

鯨がすぐそばに!

鯨がすぐそばに!

でもこんなにすぐそばに鯨が見えるんです!奥のボートから餌をまいてくれているので近くにどんどん集まってきます。

沢山の観光客がいます

沢山の観光客がいます

この通り、海の上には観光客がいっぱい。水面の下にもシュノーケリングを楽しむ観光客の姿があります。さすがセブ、海の透明度も最高です。

セブ島最南端を周る

くじらを見て一気に気分が良くなったところでバイクに跨りセブ島最南端へ。と言っても何かがあるわけではなく、そのまま時計回りに島を回っていきます。 (地図は本記事後半にあります)

青い海、青い空、緑の木、最高!

青い海、青い空、緑の木、最高!

青い海、青い空、緑の木、最高ですねー!人生これさえあれば生きていけそうです。あっ、あとスイーツと温泉・・・。

古そうな教会

古そうな教会

道中には歴史のありそうな協会もありました。

海沿いの公園

海沿いの公園

この海沿いの公園も最高ですね-!寝っ転がって一休みしたかったけど徹夜明けで起きれなくなりそうなのでやめました。笑

セブ最大の滝、カワサン滝

セブ島西岸を北上していくとセブ最大の滝があります。カワサン滝。バイクを止めると、駐輪代とガイドが必要だから50ペソ払えとのこと。仕方なく払い、大して役に立たないガイドを付けましたがガイドをつけていない欧米人もいました。やられた・・・。

セブ最大のカワサン滝

セブ最大のカワサン滝

これがカワサン滝。滝の脇には食堂があり、バーベキューも出来るようです。ライフジャケット着用で川の中にも入れるのですが、私はゆっくりとコーラブレイク。欧米人の家族連れが楽しそうに泳いでいました。

滝に続く遊歩道

滝に続く遊歩道

こちらは滝に続く遊歩道。滝へは10分ほど歩いて行くのです。それにしてもきれいな川で、川底までしっかり見通せます。

木の上にヘビ

木の上にヘビ

木の上に蛇がいる!とガイドが教えてくれたので見たら、、、いました。ガイドが唯一役立った瞬間です。なぜ木の上にいるのだろう。

セブ市方面へ戻る

滝も見たことだしセブへ戻ります。これでセブ島半周になります。

この国旗は?

この国旗は?

どこかで見たことのあるような国旗のようなものをつけているトライシクルがいました。これはなんなんでしょう・・・?ちなみに私はベトナム在住です。

セブ島縦断

セブ島縦断

セブ島の西岸から東岸へ縦断します。周りは一面森ですが木は完全に熱帯。日本では見れない景色ですね!これがあるから海外ツーリングは辞められません。 しばらく走ってセブ市内が見えてきました。

セブ近郊の海上道路

セブ近郊の海上道路

セブ市の近くは海の上にバイパスが通っています!気持ちいいー!のですが暑い暑い。長袖は必須です。

日本が作ったトンネル

日本が作ったトンネル

そのままトンネルへ。日本のODAと大きく書かれています。セブに行ったら誰もが行くであろう観光地、サンペドロ要塞の地下を通っています。

昼食はハンバーガーチャレンジ

セブ市内からは泊めてもらっている友人も合流して2人乗りでのツーリング!まずは昼食を食べよう!ということでハンバーガーチャレンジ。実は前日に見つけて気になっていたのです・・・。4段のアルティメットバーガーを5分以内に食べ切れれば無料!

ハンバーガーチャレンジ

ハンバーガーチャレンジ

色々ルールが書かれていますが、ズルせずにポテトも含めて全部5分以内に食べたらタダ、ダメだったら350ペソということです。

写真とぜんぜん違う・・・

写真とぜんぜん違う・・・

ええと、、、さっきの写真とかなり違うんですけど・・。ということでよーい、スタート!店員がキッチンタイマーをスタートさせて、横で見ています。

これ、何が辛いって熱い。肉が熱い。ポテトが熱い。あとで聞いたらチャレンジのやつは特別に熱く作っているとのこと。途中から水で冷やすことを思いついたがタイムロスは大きかった・・・。気づくと窓の外にギャラリーが数人食い入る様に見ています。これは失敗する訳にはいかない・・・・!

結果は5分10秒・・・。店員もびっくりの超惜しいタイムで敗退しました。成功したら店内に「ベトナムから来ました」のコメント付きで写真飾られる予定だったのですが、残念です。ちなみに友人は私が獣のように両手をフルに使ってハンバーガーと格闘しているのを終始ニヤニヤ見ていました。 食べ終わったらツーリング再開!お腹いっぱいです。

温泉に向かって北上

セブ島に北側にあるという温泉へ向かいます。

道端でお買い物

道端でお買い物

道中にレチョン(Lechon:子豚の丸焼き)のお店があったので風呂あがりに食べようと購入。お腹いっぱいなのに。笑

最高に気持ちいい

最高に気持ちいい

こんな道でセブ島を北上していきます。最高に気持ちいいです。思い出すだけで幸せになるなぁ(*´∀`*)

実はこの温泉、とってもマイナーなので幹線道路沿いには看板がありません。いろいろ調べた結果、ここで曲がればいいことがわかりました。

この商店の手前を左折します

この商店の手前を左折します

ADMと書いてある、農業系の卸売スーパーでしょうか。これが見えたら左折。細い道を登っていきます。

分岐点には小さな看板

分岐点には小さな看板

分岐点には小さな看板。ほんと小さい。

間違いなく温泉です

間違いなく温泉です

しっかり温泉と書いてあるので期待できます。

温泉は左。

温泉は左。

またまた分岐点。しっかり看板があるのがいいですね!道路看板が英語なのも嬉しい。さすがフィリピン。ベトナムだとこうはいきません。

山深い

山深い

とっても山深い細い道路を走っていきます。結構登ったな、まだかなーと思ってたら温泉がありました。

エソイ(ESOY)温泉へ

温泉!

温泉!

ウエルカムと書いてあるのですが全然ウエルカムな感じがしません。実はここ、事前に予約しないと開かない個人経営の施設なのです。セブを出る前に電話したのですが、約束の時間になっても来ない・・・。

おかしいなぁ、とうろうろしていると数分遅れて1台の車がやって来ました。「今開けるよ!」と言う陽気なおじさん。

門の中にバイクを停めて川に向かって細い階段を降りて行くと・・・ありました!

ついに温泉とご対面!

ついに温泉とご対面!

おお、結構広い温泉です!

これは気持ちよさそう

これは気持ちよさそう

崖に作られており、上から下まで湯船が3段ほどありました。

さて、温泉・・!の前に川のトレッキングに行こう!とおじさん。ちなみに入場料は300ペソでした。ライフジャケットを来て、おじさん手作りの吊り橋をわたって川へ。

川で遊ぶアクティビティも

川で遊ぶアクティビティも

奥に見える滝のところまで登っていきます。1時間ほど川遊びをしてから温泉へ。川沿いに暖かいお湯が出ているところがあったでまずはそこでお湯浴び。最高に気持ちいい。

その後上に上がって先ほどの湯船に入ると・・・・1つを除いて冷たい!?その1つも微妙にぬるいといったところ。どうやら昨年10月に発生したセブ大地震から湯量がめっきり減ってしまったそうです。これは残念。今のところ直す予定はないそうなのですが、是非温泉愛好家のために直して欲しいです。直せるだけ客が入ってるのかどうかわからないのですが。

温泉でゆっくりして、先ほど買ったレチョンも食べて岐路へ。もうあたりが暗くなり始めています。

セブに帰宅

来た道を帰るだけだからすぐ(と言っても一時間半ほど)帰れる!と思ったら待ってました。パンク。

お約束のパンク修理

お約束のパンク修理

火でゴムを溶かしてパンクを直すのはベトナムもフィリピンも同じですね。ちなみにバイクを借りるときに「お酒飲んで運転していいのか?」と聞いたところ「ダメに決まってるじゃないか!お前の国はいいのか?」と聞かれてしまいました。ベトナム、カンボジア、ラオスとは状況が違うようです。(もちろんベトナムもダメですが事実上皆やっています・・・)もう一つ注意されたのが、「昼間にライトをつけると違法だから気をつけろ」とのこと。これは欧米人にとっても珍しいようで、わざわざレンタルの紙に書いてありました。今売られている日本のバイクはライトのスイッチがなく、常時点灯するようになっています。交通ルールは国それぞれですね。

ルートマップ

セブ島ツーリングマップ

セブ島ツーリングマップ

Google Mapで見る

今回行ってきたマップはこの通り!島中央の赤いマーカーがセブ市。そこから時計回りに南に下り、最南端に近い◯印がホエールウォッチング。次の島西側の◯印がカワサン滝。そしてセブに戻ってから北上したところが温泉です。もうちょっと時間があれば島の最北部、地震で被害が大きかったところまで行けたのですが今回は残念。観光客が減って困っているだろうから行きたかったのですが。

やっぱりツーリングっていいですね!走って楽しみ、思い出して楽しみ、またあとで自分でこの記事を読んで楽しめそうです。次はどこに行こうかなー!?

あわせて読みたい新着記事: