京都の中心「御池」にあるリージャス京都河原町御池は必要最低限のビジネスラウンジ

ちょっと京都へ出張する機会があり、ついでに京都のリージャスの様子を見てきました。

リージャスは日本国内では「Open Office」というブランドと提携しており、Open Officeも同じくリージャスビジネスワールドで使うことが出来ます。

リージャスビジネスワールドは世界中のリージャスビジネスラウンジが使い放題になるという最高のサービス。

世界を飛び回る私のような働き方にはぴったりなのです。

リージャスビジネスワールドについてはこちらの記事をお読みください。

【評価】立地★★★★★ / スペース★★☆☆☆ / WIFI有(普通) / 電源有 / ドリンク有料

入ってびっくり、リージャス京都河原町御池

リージャスアプリで地図を開いて、歩いて行くとありました。

例によって小さな雑居ビルに入っています。

看板はOpen Office

看板は完全にOpen Officeのみ。

一瞬「間違えたかな?」と思ってしまいますが、どうやらこれが正解。

受付と書かれた5階にエレベーターで上がります。

リージャス感があまりありません

上に上がってもリージャス感はあまりないのですが、卵型のThink Podと壁に貼られた張り紙がかろうじてリージャスなんだということを教えてくれます。

なんと受付は無人。

備え付けの電話でビジネスワールド会員であることと、会員番号を伝えると解錠してもらいました。

なんと、外出ごとに開けてもらわなければいけないシステムのようで、トイレにいくのも億劫になるシステムなのはちょっと残念。

必要最低限の設備

ラウンジ内は必要最低限という広さ。

Think Podは2街ありましたが、他に利用者はいませんでした。

ユニバーサル電源完備

電源はしっかりユニバーサルタイプ。

京都という土地柄、外国人もある程度来そうなのですが、無人受付は日本以外のリージャスでは見たことがないので、戸惑いそうです。

ドリンクやトイレはどうなってる?

自動販売機は有料

ドリンクは全て有料。無料のドリンクサーバーの設置はありません。

軽食が残念

フリースナックもこれまた残念な感じ・・・。

偶然補充前だったのかもしれませんが、ドリンクも有料、フリースナックもこれだとちょっとテンションが下がります。

トイレは素晴らしくきれい

トイレは広く、とても綺麗。縦に長いトイレが面白くてつい使用前に写真を撮ってしまいました。

蓋を締めてとればよかったですね。

ただ、前述の通り、一度外に出るとまた電話で解錠してもらわなければならないのが面倒です。

まとめ

リージャス京都御池は立地は素晴らしく、私もアポイント先から歩いてすぐでした。

残念なのがドリンクが有料な点と、外に出るたびに解錠してもらわなければいけないというところ。

2時間ほどの作業だったのであまり気になりませんでしたが、長時間作業をするところではなさそうです。

もっと知りたい人に向けてメールマガジンやっています

記事をお読み頂きありがとうございました。
もっと詳しく知りたい!そう思ってくれたのであれば、是非ともメールマガジンに登録ください。無料です。

何度も事業を起こしたり、無職になったり、裏切られて事業が消えたり、死にたくなったり、
そんな中で何があっても安心して挑戦を出来る基盤を作りたくて、資産運用を研究してきました。
香港にも何度も足を運び、FPにもなり、友人にアドバイスをして、その成果も出るようになってきました。
今では働かなくても生きていけるようになったので、本当にやりたい仕事だけに全力で挑戦できるようになりました。

事業を立ち上げるのはなかなか再現性がないのですが、資産運用はほとんどの人に同じ再現性があります。
つまり、これなら「皆が安心して挑戦出来る状態になれるのでは!?」と思っています。

2022年からは、それをどうにか伝えたい、そう思ってメールマガジンを再構築しています。
購読いただいた方からの質問も受け付けています。

少しでも「もっと明るい未来を計画したい」
そんな気持ちがあるのであれば是非読んでみてください。

\登録簡単!1分ですぐに登録完了します/

 

メールマガジンについてもう少し知りたい、という方はこちらも読んでみてください

あなたのライフデザインが一歩ずつ着実に進んでいくような、そんなメールマガジンにしたいと思っています。
その基盤となる未来の不安をなくして今を楽しめるようになる、そのためのお金の考え方を現在は発信しています。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践してブログなどで発信しています。
そして、そんな仲間を作りたい。

そんなメールマガジンにかける想いについてはこちらに詳しく書いています。

こんな記事もいかがでしょう