深夜のマラッカの超ローカル食堂がかなり美味しかった

先日訪れたマラッカでは深夜にお腹が空いて超ローカルな食堂に行ってきました。

観光客の姿はあまりありませんでしたが、料理はとっても美味しかったです。

深夜にもかかわらず賑わう食堂

時間は午前0時半。完全に深夜です。

週末限定のナイトマーケットが0時頃に終わってしまい、買い物を楽しんでいただき付いたら屋台メシもなくなってしまいました。

そんな時に見つけたのが、このレストラン。

午前0時半に賑わう食堂

夜中だというのに、多くの人で賑わっています。

これは美味しいに違いない!ということで、入ってみます。

メニューはよくわかりません

メニューは正直多すぎて何がなんだかわかりません。

ただ、どれを頼んでもそんなに高くないということで安心して注文できそうです。

私のうろ覚えマレー・インドネシア語によるとNasiが米、Gorengが炒める、Ayamが鶏という意味だったはずなので、鶏炒め飯を食べたとして7.5RMです。

メニューはなく、自由に取っていくスタイル

メニューには色々書かれているのですが、店員さんによると「勝手に皿をとって、勝手に盛り付けろ」とのこと。

クアラルンプール国際空港のバス乗り場の食堂と同じスタイルのようです。

好きな具を載せていきます

色々と並んでるのですが、カレーばかりに見えてしまいます。笑

 

鶏の唐揚げと、ゆで卵を盛り付けて、最後に右にあるカレーをかけてみました。

カレーは2種類あり、片方が激辛、もう片方はマイルドでした。

私は辛いのが苦手なのでマイルドな方を選択。

 

そしてできたのが、、、こちら!

できあがり!

気になるお味は・・・おいしい!!

鶏の唐揚げはベトナムの路地裏で食べた味を彷彿とさせました。

これはケンタッキーにも負けないはず!

 

ちなみにこのあと、カレーが足りなくなって追加でかけにいっても何も言われませんでした。

 

気になるお会計は、甘ったるいホワイトコーヒーも頼んで、確か10RM前後でした。

具をたくさん取ると、その分だけ高くなるのだと思います。

この記事で紹介したレストランはこちら!

まとめ

ふらっと訪れたこのお店、大正解でした。

地元の人に愛されている混雑しているお店は、他のお店に比べるときっと美味しくて安全なはずなので、是非挑戦あれ。

もっと知りたい人に向けてメールマガジンやっています

記事をお読み頂きありがとうございました。
もっと詳しく知りたい!そう思ってくれたのであれば、是非ともメールマガジンに登録ください。無料です。

何度も事業を起こしたり、無職になったり、裏切られて事業が消えたり、死にたくなったり、
そんな中で何があっても安心して挑戦を出来る基盤を作りたくて、資産運用を研究してきました。
香港にも何度も足を運び、FPにもなり、友人にアドバイスをして、その成果も出るようになってきました。
今では働かなくても生きていけるようになったので、本当にやりたい仕事だけに全力で挑戦できるようになりました。

事業を立ち上げるのはなかなか再現性がないのですが、資産運用はほとんどの人に同じ再現性があります。
つまり、これなら「皆が安心して挑戦出来る状態になれるのでは!?」と思っています。

2022年からは、それをどうにか伝えたい、そう思ってメールマガジンを再構築しています。
購読いただいた方からの質問も受け付けています。

少しでも「もっと明るい未来を計画したい」
そんな気持ちがあるのであれば是非読んでみてください。

\登録簡単!1分ですぐに登録完了します/

 

メールマガジンについてもう少し知りたい、という方はこちらも読んでみてください

あなたのライフデザインが一歩ずつ着実に進んでいくような、そんなメールマガジンにしたいと思っています。
その基盤となる未来の不安をなくして今を楽しめるようになる、そのためのお金の考え方を現在は発信しています。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践してブログなどで発信しています。
そして、そんな仲間を作りたい。

そんなメールマガジンにかける想いについてはこちらに詳しく書いています。

こんな記事もいかがでしょう