年会費無料なのに10,000円分のTポイントが貰えるYahoo! JAPANカードが素晴らしすぎる件(2019年8月終了)

クレジットカード大好きな私ですが、先日、これは!と思うクレジットカードを見つけたので、また新しいカードを手に入れてしまいました。

その名は「Yahoo! JAPANカード」。

なんと年会費永年無料のカード発行と条件クリアで、1万円分のポイントがもらえてしまうのです。
発行すれば1万円がもらえるなんてオトクすぎる!ということで早速申し込みました。
これは今すぐ発行すべき!です。
そんなYahoo! JAPANカードについてまとめてみました。

このキャンペーンは2019年8月に終了してしまいました。
以下、当時の情報を記録として残しています。
キャンペーンはいつか終わってしまうので、見つけたらすぐに乗るのが大事ですね。

YAHOO! Japanカードの特徴

その1:Tポイントがザクザク貯まる

Yahoo! JAPANカードの特徴としてTポイントがザクザク貯まるというものがあげられます。

日本で一番Tポイントが貯まるカードといっても間違いないでしょう。

溜まったポイントはファミリーマートなどで気軽に使える他、ちょっとレートは悪くなりますがANAマイルにも500ポイント=250マイルで移行できるなかなか便利なポイントです。

Tポイントがダブルで貯まるYahoo! JAPANカード

どんな支払でも1%(100円で1ポイント)が貯まる

Tポイント加盟店ではないとこも含めて、どんな店でも100円で1ポイントがたまります。

還元率1%というのは数あるクレジットカードの中でも悪くなく、しかもTポイントは他のクレジットカードのポイントに比べると非常に使い勝手が良いもの。

Tポイント加盟店では2倍貯まる!

ファミリーマートやツタヤなどのTポイント加盟店では、普通のTカードと同じく提示によるポイントも貯まります。こちらも100円=1ポイント。

クレジットカード利用によるポイントも100円で1ポイントなので、合わせると100円で2ポイント貯まる事ができ、還元率はなんと2%!

この還元率はかなりのものです。

その2:ヤフーショッピングでポイントが3倍貯まる

さらにさらに、YAHOOショッピングやロハコでの購入では還元率が3%、100円で3ポイントになります。

この還元率は数あるクレジットカードの中でもトップクラス。

YAHOOショッピングでは大体のものが揃いますし、ロハコでは無印良品の商品が揃っています。

私も無印の旅行ポーチや書類ケースを愛用しているのですが、このロハコで買うことでポイントを貯めています。

その3:年会費無料なのにショッピング保険がついてくる

年会費が有料なカードについていることが多い「ショッピング保険」が、年会費無料のカードなのに無料でついてきます。

ショッピング保険では購入日から90日以内に破損、盗難、火災などの事故により損害を被った場合に100万円を限度に保証があります。

ネットでも、実店舗でも、国内でも、海外でも、新品でも、中古でも、全部保証対象なのでありがたいですね。

買ったばかりの一眼レフを旅行先で落としてしまった!とか、私もやったことがあるのでこういう保険はとてもありがたいです。

カードを使う上で注意したいポイント

沢山のメリットがあるYahoo! JAPANカードですが、注意しなければいけないポイントもあります。

  • 入会でもらえるTポイントは期間固定Tポイント
  • ETCカードに年会費がかかる
  • 海外旅行保険はついてこない

というところですが、年会費無料のカードですし、そこまで気にする必要はないかなと思います。

これは最強!入会で1万ポイントが貰える!?

いつまで続くのかわからないですが、現時点では入会時のポイントが素晴らしいです。

まずはこちらを見てください。

2018年のキャンペーンで、実際に1万ポイントもらえました!

入会して5000ポイント、そして翌月末までの利用で更に5000ポイントということなのですが、、、、、実際にポイントが付きました!

1万ポイント、ありがとうございます

一部YAHOO! IDと申込み日だけモザイクを入れておりますが、合計1万円分のTポイントが実際に付与されました!

画面では「4月末まで」と書いてありますが、これは私が3月入会のためであり、5月現在も入会後翌月末まで1回以上の利用で追加の5000ポイントを獲得することが出来ます

2019年になってからキャンペーン内容が変更されましたが、1万ポイントというのは変わっていません。

期間限定ポイントですが、早速ヤフーショッピングで使いたいと思います。

週末の申込みで1万ポイントがつきます

なんと入会するだけで4000円分のTポイント獲得。その後、3回使うと1回あたり2000ポイントで合計6000円分の期間固定Tポイント獲得。

すべての合計で、10000円分の期間固定Tポイントがもらえます。

入会と3回利用で10000ポイント

ヤフーさん、大判振舞しすぎじゃないでしょうか!?
終わってしまう前にあなたも1万ポイントもらっておきましょう!

なお、開催期間に要注意。画像にも「毎週末は」とある通り、1万ポイントとなるのは「毎週金曜12:00~月曜11:59」の入会です。週末に、申し込みましょう!

もちろん、前述の通りクレジットカードとしても毎日使えるカードですよ。

1万ポイントだけじゃなく、更に6000円分のポイントももらって入会する方法

便利で年会費無料で、しかも入会で1万ポイントという大盤振る舞い。

こういうキャンペーンは申込み方法がわかりにくかったり、対象となる方法が限られていたりするものですが、Yahoo! JAPANカードは申込み方法も至ってシンプルで、普通に申し込めばOKです。

免許証や銀行口座などがわかるように、手元においてから申し込むとスムーズです。

なお、爆速で有名なYAHOOはカードの審査も爆速で、最短で2分後に審査結果がでます。

私も日曜日に申し込み、1週間以内にカードが届きました。

私のYahoo! JAPANカードの使い方

赤と黒、どっちにしますか?

やはりヤフー関連サービスでのお得度がとても強いカードなので、ヤフーショッピングやロハコでの購入の際はこのカードを使うようにしています。

なんといっても還元率3%は驚異的ですからね。ANAマイルに移行しても1.5%の還元率はANAワイドゴールドカードにも匹敵する還元率です。

コンビニなどの小額決済で「クレジットカードを出すのはちょっとなぁ」と思うような場面でも、Tポイント加盟店ならTカードとして提示して、そのままカードでお会計とスムーズな流れでカード決済することができるのも便利。

個人的にはカードが使えるところは全部カードで決済したいのですが、数百円のコンビニの支払いなど出しにくいときってあるんですよね。

最近は小額ならサインレス(サイン不要)で会計できるので、実は小銭を探しているよりも早かったりもします。

しかもショッピング保険がついているので安心。そしてもちろんポイントもゲット。

まとめ

YAHOO!さん、神です。最高すぎます。某パンダ(笑)に本気で挑んできたと感じます。YAHOO! ショッピングの店舗や商品もこれから負けないくらい充実してほしいですね。

カード発行後も、ヤフー関連サービスやTポイントが貯まるお店でどんどん使ってどんどんTポイントが溜まっていきます。

正直、あまりツタヤも使わない私なのでTポイントをこんなに貯める日が来るとは思っていませんでした。

貯まると色々と使えそうなので、Tポイントについての研究も深めていこうと思います。

もっと知りたい人に向けてメールマガジンやっています

記事をお読み頂きありがとうございました。
もっと詳しく知りたい!そう思ってくれたのであれば、是非ともメールマガジンに登録ください。無料です。

何度も事業を起こしたり、無職になったり、裏切られて事業が消えたり、死にたくなったり、
そんな中で何があっても安心して挑戦を出来る基盤を作りたくて、資産運用を研究してきました。
香港にも何度も足を運び、FPにもなり、友人にアドバイスをして、その成果も出るようになってきました。
今では働かなくても生きていけるようになったので、本当にやりたい仕事だけに全力で挑戦できるようになりました。

事業を立ち上げるのはなかなか再現性がないのですが、資産運用はほとんどの人に同じ再現性があります。
つまり、これなら「皆が安心して挑戦出来る状態になれるのでは!?」と思っています。

2022年からは、それをどうにか伝えたい、そう思ってメールマガジンを再構築しています。
購読いただいた方からの質問も受け付けています。

少しでも「もっと明るい未来を計画したい」
そんな気持ちがあるのであれば是非読んでみてください。

\登録簡単!1分ですぐに登録完了します/

 

メールマガジンについてもう少し知りたい、という方はこちらも読んでみてください

あなたのライフデザインが一歩ずつ着実に進んでいくような、そんなメールマガジンにしたいと思っています。
その基盤となる未来の不安をなくして今を楽しめるようになる、そのためのお金の考え方を現在は発信しています。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践してブログなどで発信しています。
そして、そんな仲間を作りたい。

そんなメールマガジンにかける想いについてはこちらに詳しく書いています。

こんな記事もいかがでしょう