ポイントタウンからLINEポイントへのポイント交換の初回登録・交換方法【完全図解】

各種ポイントサイトからANAマイルまでのソラチカ・LINEルートはちょっと複雑でわかりにくいですよね。

この記事では、ソラチカ・LINEルートの中の「ポイントタウン」から「LINEポイント」の交換方法について、豊富な画像とともに紹介しています。

これを読めばポイントタウンからLINEポイントへの移行は迷わずにできるでしょう。

ポイントタウンからLINEポイントへの交換方法

ポイントタウンの「ポイント交換」のメニューからLINEポイントを選びます。

ポイント交換先からLINEポイントをクリック

LINEポイントに交換する画面が開きます。

「交換申し込み」をクリック。

ポイント交換条件を確認してポイント交換へ

LINEにログインしていない場合はログイン画面が表示されます。

LINEのアカウントにログイン

LINEへのポイント交換がはじめての場合は確認画面が表示されます。2回目以降はLINE側での確認画面は表示されなません。

LINEの情報をポイントタウンに送りますよという確認なので、Allow(許可)をクリックします。

※海外渡航中に操作したので英語ですが、日本語での内容は同じです。

プライバシー設定に同意

もう一度確認画面が表示されるので、「同意して送信」をクリックします。

LINEの情報をポイントタウンに送る確認

ポイントタウンの画面でポイントタウンのパスワードを入力し、交換ポイントを選択します。

2000ポイント、10000ポイント、20000ポイント単位でしか交換できないため、交換したいポイントの文だけ交換作業を繰り返しましょう。

交換ポイント数を選択

「交換する」をクリックして、交換が完了します。

ポイント交換完了

「ポイント交換トップへ」をクリックし、繰り返しポイント交換を行えます。

ポイント交換完了メール

ポイント交換が完了すると、ポイントタウンに登録しているメールアドレスに完了のメールが来ます。

LINEポイントに反映するまで、このメールを大事にとっておきましょう。

ポイントタウンからLINEポイントへの交換における注意点・期間

ポイントタウンからLINEポイントへの反映は2~3営業日となっています。

次のステップであるLINEポイントからメトロポイントへの交換の締め日が毎月15日なので、この交換は毎月10日頃までには済ませておきたいですね。

なお、ポイントタウンのポイントは20ポイント=1円相当=1LINEポイントです。

実際の申請は翌営業日に反映していました

日曜日に申請をして、月曜日の15:55に追加されていました。早いですね。

LINEポイント反映完了

ソラチカ・LINEルートの全体像と陸マイラーのスケジュール

ソラチカルートの全体像はこちらをご覧ください。

一番効率の良い、毎月のポイント交換スケジュールの決定版はこちら!

カレンダーに登録しておきましょう。

もっと知りたい人に向けてメールマガジンやっています

記事をお読み頂きありがとうございました。
もっと詳しく知りたい!そう思ってくれたのであれば、是非ともメールマガジンに登録ください。無料です。

何度も事業を起こしたり、無職になったり、裏切られて事業が消えたり、死にたくなったり、
そんな中で何があっても安心して挑戦を出来る基盤を作りたくて、資産運用を研究してきました。
香港にも何度も足を運び、FPにもなり、友人にアドバイスをして、その成果も出るようになってきました。
今では働かなくても生きていけるようになったので、本当にやりたい仕事だけに全力で挑戦できるようになりました。

事業を立ち上げるのはなかなか再現性がないのですが、資産運用はほとんどの人に同じ再現性があります。
つまり、これなら「皆が安心して挑戦出来る状態になれるのでは!?」と思っています。

2022年からは、それをどうにか伝えたい、そう思ってメールマガジンを再構築しています。
購読いただいた方からの質問も受け付けています。

少しでも「もっと明るい未来を計画したい」
そんな気持ちがあるのであれば是非読んでみてください。

\登録簡単!1分ですぐに登録完了します/

 

メールマガジンについてもう少し知りたい、という方はこちらも読んでみてください

あなたのライフデザインが一歩ずつ着実に進んでいくような、そんなメールマガジンにしたいと思っています。
その基盤となる未来の不安をなくして今を楽しめるようになる、そのためのお金の考え方を現在は発信しています。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践してブログなどで発信しています。
そして、そんな仲間を作りたい。

そんなメールマガジンにかける想いについてはこちらに詳しく書いています。

こんな記事もいかがでしょう