カランセアートカフェは美味しいマラッカ料理が楽しめるおしゃれカフェ

マラッカのジョンカーストリートで夜遅くまでやっていて、コーヒーも食事も楽しめるというカレンセアートカフェに行ってきました。

旅行気分を盛り上げてくれる内装も、料理も楽しめました。

カレンセアートカフェに行ってみよう!

カランセ・アート・カフェ

その名の通り見た目もお洒落なカフェ。

入り口は植物に覆われていて、昼も夜もとても目立ちます。

観光客で賑わうオシャレ空間

夜に訪れると観光客で満員。人気のカフェなんだと感じました。

街には中国人観光客が多かったのですが、欧米からの観光客が多かったのも印象的。

アートカフェという名前の通りおしゃれな内装

中に入ると、机も、壁も絵がかかれており、その情報量の多さに「うおっ」となるのですが、ごちゃごちゃしつつもまとまっている印象。

壁の絵がオシャレ

マレーシア全13州をテーマとしたコーヒーを売っているだけのこともあり、コーヒーの発見についての壁画が入り口すぐの部屋に書かれています。

奥の部屋は落ち着いた雰囲気

奥は落ち着いた雰囲気。

調理用品に囲まれた肖像画

古き良きマラッカ、が伝わってくるかのようなレトロな品々。

この肖像画はどなたなのでしょうか。

世界各国の言葉で「めしあがれ」

こちらは入り口近くのテラス席に掲げられている、世界各国の言語で書かれた「どうぞめしあがれ」。

日本語ちょっとだけ怪しいのはご愛嬌。笑

マラッカ料理も美味しい

マラッカ料理のラクサを注文してみました。

面も普通の麺ではなく、一度揚げた麺を使っているとのこと。

マラッカ名物のラクサ

ラクサ自体はKLでもシンガポールでも食べることができるのですが、ここのラクサは辛いものが苦手な私にも食べやすいマイルドな味でした。

久しぶりに、スープを全部飲みきってしまうほど美味しかったです。

辛いのが好きな方は、チリペーストを入れると辛くなるそうです。

私は、一滴も入れませんでしたが。。

おみやげも購入可能

このカフェ、食事だけじゃなくてお土産も購入できるのです。

お土産を売る部屋もある

コーヒーはマレーシア全13州の名前のコーヒーが揃っています。

右の店に入っているのはカップ入りのインスタントコーヒー。

マレーシアからコーヒーのお土産というのも面白いですね。

ポストカードがオシャレ

オシャレだなぁ、と思ったのがこのポストカード売り場。

個人的には一番上におかれているアンティーク調の看板が気になりました、が、自宅に置くのも微妙ですよね。いつかカフェをすることがあれば、是非飾りたい。

カレンセアートカフェの場所

まとめ

マラッカ旧市街のジョンカーストリートにあるカフェの中でも旅行者向けテイストが強いカフェなので、旅行気分を盛り上げるには最高でした。

作業をガッツリするカフェというよりも、食事や会話を楽しむカフェで、街歩きの合間に訪れるのが良さそう。

マラッカにいく方はぜひあのラクサを食べてみてほしいなぁと思います。

もっと知りたい人に向けてメールマガジンやっています

記事をお読み頂きありがとうございました。
もっと詳しく知りたい!そう思ってくれたのであれば、是非ともメールマガジンに登録ください。無料です。

何度も事業を起こしたり、無職になったり、裏切られて事業が消えたり、死にたくなったり、
そんな中で何があっても安心して挑戦を出来る基盤を作りたくて、資産運用を研究してきました。
香港にも何度も足を運び、FPにもなり、友人にアドバイスをして、その成果も出るようになってきました。
今では働かなくても生きていけるようになったので、本当にやりたい仕事だけに全力で挑戦できるようになりました。

事業を立ち上げるのはなかなか再現性がないのですが、資産運用はほとんどの人に同じ再現性があります。
つまり、これなら「皆が安心して挑戦出来る状態になれるのでは!?」と思っています。

2022年からは、それをどうにか伝えたい、そう思ってメールマガジンを再構築しています。
購読いただいた方からの質問も受け付けています。

少しでも「もっと明るい未来を計画したい」
そんな気持ちがあるのであれば是非読んでみてください。

\登録簡単!1分ですぐに登録完了します/

 

メールマガジンについてもう少し知りたい、という方はこちらも読んでみてください

あなたのライフデザインが一歩ずつ着実に進んでいくような、そんなメールマガジンにしたいと思っています。
その基盤となる未来の不安をなくして今を楽しめるようになる、そのためのお金の考え方を現在は発信しています。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践してブログなどで発信しています。
そして、そんな仲間を作りたい。

そんなメールマガジンにかける想いについてはこちらに詳しく書いています。

こんな記事もいかがでしょう