ベトナム・ハノイのノイバイ国際空港国際線ターミナルにあるベトナム航空ロータスラウンジ体験記

ベトナムの空港ラウンジをいくつか利用してきましたが、ハノイのノイバイ国際空港・国際線ターミナルにあるベトナム航空ロータスラウンジに行ってきました。

さすがは首都の国営航空会社のラウンジと言った様相でした。

※ANA便などが利用する、空港運営のNIAラウンジは別のラウンジで、以下の記事で紹介しています。

※プライオリティパスで入室可能なラウンジは「ソンホンラウウンジ」というもので、これもまた別のラウンジになります。

ベトナム航空ロータスラウンジへ

ノイバイ国際空港の空港ラウンジは出発フロアの上のフロアにあります。

ラウンジのある上の階に上がります

ソンホンラウンジと同じエスカレーターを上に上がっていきます。

こちらが隣りにあるソンホンラウンジ。プライオリティパスで入室可能なほか、アシアナ航空などが使用しているようです。

こちらは隣にあるソンホンラウウンジ

その奥でにこやかにに出迎えているのがベトナム航空ロータスラウンジ。

ボーディングパスとチェックイン時にもらったラウンジチケットを渡して中にはいると、とても明るく広い空間が広がっていました。

秘匿明るい空間が広がっています

ノイバイ国際空港ロータスラウンジの座席・シャワー・コンセントを確認

ロータスラウンジ全景

それでは、ロータスラウンジの中を紹介します!

種類豊富な座席

2015年にできたばかりのノイバイ国際空港国際線ターミナルとだけあって、ラウンジの中はとても清潔感があります。

ラウンジ自体かなり広く、座席の種類がたくさんありました。

こちらは一人用のソファー席。

一人用ソファー席

ここは各座席ごとにコンセント完備です。

お次はテーブル席。奥にはグループ用のソファー席があります。

テーブル席

このエリアは座り心地は良く、歓談するには良いのですが、コンセントは殆どありません。

こちらは2人用のソファー席でしょうか。まるで社長のような椅子です。

2人表ソファー席

奥の方にリラックスできそうなソファーが並んでいるエリアもありました。

リラックスソファー席

最後に、誰でも使える鍵付きのロッカーとコンピューター席。

ロータスラウンジという名前のとおり蓮の花をイメージしているようです。

ロッカーとPC席

もちろんシャワールーム完備

シャワールームはトイレの奥に設置されています。

トイレの奥のシャワールーム

この扉が入り口なのですが、非常にわかりにくいです。
トイレの中に入り、上にBATHROOMと書かれている扉を開ければバスルームです。
中に入ると、タオルやシャンプーがカゴに入って置かれており、自由に使用することができます。

ドライヤーや歯ブラシも設置されていました。

アメニティは自由に取る形式

どのくらいの頻度で交換・清掃をしているのかわからないのですが、利用する人も少ないようでとてもきれいな状態でした。

シャワーブースには椅子とハンガー、そして先ほどのアメニティが1回分備え付けられています。

シャワーブース

食事の種類は少なめだがベトナム名物は健在

飲食エリア

食事の品数はあまり多くはなく、このカウンターで全てでした。

ベトナム空港ラウンジには大体おいてあるのが揚げ春巻。ベトナムならではですね。
たまに、いつから置いてあるんだろう?というような味のものもありますが。笑

ホットミール

こちらにはパンは何種類かあり、トースターとジャム・バターがあります。
バナナが積まれているのも南国らしいですね。

パン・フルーツ

茹で野菜と、その横には何故か野菜の天ぷら。

野菜

種類は多くはありませんがハムや生野菜もありました。

上にあるのはスイカとドラゴンフルーツ。

コールドカット

そして、こちらがベトナム名物「フォー」エリアです。

写真手前あるように、せっかくなのでフォーもいただきました。

フォーエリア

実はこのフォー、インスタントなのです。

丼に乾麺が入った状態で置かれているので、好きな具材を載せます。

インスタントラーメンのように、粉末ソースもふりかけます。

具材を載せます

備え付けのポットでお湯を注げば、フォーの完成です。

お湯を注いで完成

インスタントなのですが、意外と悪くない味です。

ドリンクコーナーもチェック

お次はドリンクを見に行きましょう。

アルコール類はこの棚の上にあるものをオーダー可能でした。

アルコール類

ソフトドリンクの入った冷蔵庫は4つあります。

コカ・コーラ社とペプシ社がお互いの売れ筋商品を並べてくれています。

ソフトドリンク

お隣にはハノイのハノイビールと、ホーチミンの333(バーバーバー)ビールがあります。ツバメの巣ドリンクなんかもベトナムらしいです。

フルーツジュースや牛乳やヨーグルトもあります。

ソフトドリンク

コーヒー・ティーのところは各種ティーバッグと大きなコーヒーマシーンがありました。

コーヒー・ティー

これは期待できそう!?と見てみると・・・。

KING COFFEE 3 IN 1の他は使ってはいけないようでした。ガッカリです。

コーヒーマシーン

案の定、甘いインスタントコーヒーしかでてきませんでした。

ベトナムの空港ラウンジではなかなか美味しいコーヒーにありつけません・・・。

WIFIのパスワードの隣にあるのは充電ステーション。

とはいえ、かなりの席にコンセントが併設されているのでわざわざここを使う必要性は低いです。

スナックと充電

ということで、食事を取ってきました。

うーん、、(写真を見るだけで期待できないとか言わないでください。)
ただし、これだけははっきり言います。確実に、パスタは取らないほうが賢明です。

いただきます

後で見返してみると空港運営のNIAラウンジとほとんど同じメニューのような気もします。

他の日に食べた盛り付け例がこちら。

これらは美味しい

美味しいものだけとってきました。
ビーフシチューなどと書かれている、人参とお肉はとっても柔らかくて美味しいんです。
ベトナムのラウンジには日にもよりますがだいたいあります。

フォーはやっぱり美味しい

こちらはフォー。
フォーはいつ食べても美味しいのが嬉しいです。

設備自体は素晴らしいのですが、食事やドリンクは及第点というところでしょうか。

ベトナム航空ロータスラウンジに入る条件

ベトナム航空ロータスラウンジに入るための条件は、スカイチームエリートプラス又はベトナム航空ゴールド以上でベトナム航空の国際便に搭乗するか、ベトナム航空のビジネスクラスに搭乗することで入室することができます。他スカイチーム航空会社も同様です。

ベトナムの国内線ターミナルのビジネスクラスラウンジは他航空会社のスカイチームエリートプラスでは入室できないのですが、国際線のラウンジは入室することが可能です。

ラウンジから見えたベトナム航空機

ラウンジからは滑走路がよく見えました。

ベトナム航空の上級会員になる方法

ベトナムの空港の待合室は本当になにもないので、ラウンジに入れると食事がしょぼかったとしてもかなり楽になります。

私は一年の半分くらいをベトナムで過ごしており、ベトナムの飛行機に乗ることが多くあり、ベトナム航空の上級会員を持っています。実はこのベトナム航空の上級会員になれるクレジットカードがあるのです。

正直マイルも溜まりにくく、そもそもの航空券自体が安いのでマイル単価も安くマイレージ制度としては使い勝手は良くないのですが、ベトナムの空港は行列が長く辛く、上級会員はかなり優遇されるので、ベトナムによく行く私のような人におすすめです。

他のハノイのラウンジはこちらの記事にまとめてあります!
ANAやJAL便に登場する際や、プライオリティパスを利用する場合のラウンジ情報はこちらをご覧ください。

もっと知りたい人に向けてメールマガジンやっています

記事をお読み頂きありがとうございました。
もっと詳しく知りたい!そう思ってくれたのであれば、是非ともメールマガジンに登録ください。無料です。

何度も事業を起こしたり、無職になったり、裏切られて事業が消えたり、死にたくなったり、
そんな中で何があっても安心して挑戦を出来る基盤を作りたくて、資産運用を研究してきました。
香港にも何度も足を運び、FPにもなり、友人にアドバイスをして、その成果も出るようになってきました。
今では働かなくても生きていけるようになったので、本当にやりたい仕事だけに全力で挑戦できるようになりました。

事業を立ち上げるのはなかなか再現性がないのですが、資産運用はほとんどの人に同じ再現性があります。
つまり、これなら「皆が安心して挑戦出来る状態になれるのでは!?」と思っています。

2022年からは、それをどうにか伝えたい、そう思ってメールマガジンを再構築しています。
購読いただいた方からの質問も受け付けています。

少しでも「もっと明るい未来を計画したい」
そんな気持ちがあるのであれば是非読んでみてください。

\登録簡単!1分ですぐに登録完了します/

 

メールマガジンについてもう少し知りたい、という方はこちらも読んでみてください

あなたのライフデザインが一歩ずつ着実に進んでいくような、そんなメールマガジンにしたいと思っています。
その基盤となる未来の不安をなくして今を楽しめるようになる、そのためのお金の考え方を現在は発信しています。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践してブログなどで発信しています。
そして、そんな仲間を作りたい。

そんなメールマガジンにかける想いについてはこちらに詳しく書いています。

こんな記事もいかがでしょう