ホーチミンのタンソンニャット国際空港国内線ラウンジがプライオリティパスで利用できて食事もアルコールもあり最強すぎる

ベトナム・ホーチミンのタンソンニャット国際空港の国内線ターミナルには2つのラウンジがあります。

  • ベトナム航空専用ラウンジ
  • ベトナム航空利用者からプライオリティパス利用者までが使えるラウンジ。

今回は後者のプライオリティパスでも利用できるラウンジ「Le Saigonnais(SASCO Business Lounge)」を紹介します!

※同名のラウンジが国際線ターミナルにもありますが、この記事で紹介するものは国内線のラウンジです。

ベトナムの空港ラウンジは国内線であっても食事や、お酒(ワイン・ビール)が飲み放題となっており、私が知る限りではここがプライオリティパスで利用できる国内線の最強ラウンジではないかと思うほど、素晴らしいラウンジなのです。

Le Saigonnaisラウンジ

タンソンニャット国際空港の国内線ラウンジの利用資格

このラウンジの利用資格は入口に掲示されているとおり、航空会社の上級ステータスからプライオリティパスまで様々です。

SASCOビジネスラウンジの入場資格

ベトナム航空の上級会員である

ベトナム航空の上級会員(ゴールド又はプラチナ)でベトナム航空便利用の場合はラウンジに入ることができます。

ベトナム航空の利用が多い場合は、クレジットカードを持つだけでベトナム航空の上級会員になれる「ベトナムエアラインズカード」を持つのも手ですね。

ちなみに、ベトナム航空はスカイチームに加盟していますが、なぜかスカイチームエリートプラスを持っていても国内線のラウンジは入れてもらえないので要注意です。

国際線利用時、及び、国際線からの乗り継ぎの国内線利用時は利用可能です。

プライオリティパスを持っている

世界中の空港ラウンジに入れるようになる素晴らしいカード「プライオリティパス」でもこのラウンジを利用することができます。

先日、ジェットスター・パシフィック便を利用した際にプライオリティパスでラウンジに入室しました。

プライオリティパスで入室

ただ、実はこのラウンジではベトナム航空以外のフライトについてはラウンジ内でのアナウンスを行っておらず、受付の係員にも「ジェットスターはアナウンスをしないので、出発時間に気をつけてね」と案内されました。

ビジネスクラスの利用である

もちろん、ビジネスクラスの利用でラウンジが利用できます。というか、これが本来のラウンジの使い方。

ベトナムのベトナム航空、ベトジェットエア、バンブー航空にはビジネスクラスの設定があるので、そのチケットを持っている場合ももちろんラウンジを利用できます。

これが国内線ラウンジ!?充実のラウンジ内を紹介

このラウンジ、雰囲気も食事も設備もかなりレベルの高いラウンジです。

国際線ラウンジと言われても信じてしまう、素晴らしい空間を紹介していきます。

ベトナム料理の宝庫

ラウンジの中央にある食事カウンターにはベトナム料理が並んでいます。

揚げ春巻き、フォー、バインミーなどベトナムにいるとつい食べたくなるような美味しいベトナム料理の数々をラウンジで味わえるのです。

食事カウンター

国内線ラウンジとは思えないような豊富な品数がなんだか嬉しくなります。

サラダや軽食

手前が軽食コーナーで、揚げ春巻きや米粉を使った料理、巻きずし、ゆで卵、コールドカットが並んでいます。

写真には映ってないのですが、更に奥にはスイカやグァバなどのフルーツも並んでいます。

温かいお食事

温かいご飯はチャーハンやビーフシチュー、チキンなどが並んでいました。

おかゆ

ベトナムのおかゆがある日もあり、私の友人は見つけると毎回食べています。

フォー

こちらはベトナムならではの「フォー」。

積まれている器の中に麺と具材が入っているので、スープをかければ完成です。

スープを入れます

スープを掛けた様子。

美味しそうな香りが漂ってきます。

ライムや塩コショウ、チリ、チリソースなどの付け合せはお好みで麺に入れるようです。

シンプルな薄味が好みなので入れたことはないのですが、ベトナム人の方などを見ていると結構ガツガツ入れています。

なお、この麺料理は日によって麺の種類が変わるようで、他の麺だったこともありました。

タピオカ麺だった時の写真

この写真は別の日の写真で、バンカンと呼ばれるタピオカ麺でした。

ある日の食事

こんな感じでベトナム料理のバインミーや揚げ春巻きと、チャーハン、チキン、シュウマイなど美味しい食べ物が並びました!

コーヒーだけ美味しくないのが残念なのですが、フルーツジュースも美味しくて満足です。

ビーフシチュー

私は上の写真にある肉と人参を煮込んだビーフシチューが好きで、ベトナムのラウンジに行くと大体食べています。

ダナンの国際線ラウンジでもこればかり食べていました。笑

もちろん、ベトナムらしい麺料理もあります。

ビールやワイン、フルーツジュースなど豊富なドリンク

ドリンクコーナーを見ていきましょう。

缶ジュース

冷蔵庫の中にはベトナムのビールである333(バーバーバー)とサイゴンスペシャルが入っています。

個人的に一押しなのが、左下に入っているフルーツジュース。

どれを飲んでも本当に美味しいので、是非見つけたら飲んでみてください。

ソフトドリンクとワイン

ペプシコーラやセブンアップの隣にはワインも置かれています。

フルーツジュース

水、グレープジュース、パイナップルジュース、アップルジュース、コーヒー、ティー。

コーヒー・ティー

ティーバッグにお湯とコーヒーマシーン。

このコーヒーが「ベトナムコーヒー」なので普通のコーヒーだと思って飲むとちょっとがっかりします。

ベトナムコーヒーではないコーヒーも置いてほしいのですが、ここはベトナムだから仕方ないのでしょうか。

なので、ここでは練乳をたっぷり入れてベトナムコーヒーにするか、フルーツジュースやワイン、ビールを楽しむのがおすすめです。

落ち着ける空間とマッサージチェア

ラウンジの中は机の間隔も広く落ち着けるようになっています。

落ち着ける空間

緑が多いエリア。このエリア、食事スペースからはちょっと遠いものの、静かでお気に入りのエリアです。

食事エリアの奥には4人がけの大きなテーブルが並んでおり、ガッツリ食べたいときや大人数のときはそちらへ。

この椅子の奥にマッサージチェア

お手洗いの前にこのような籐の椅子のスペースがあるのですが、この写真右奥にマッサージチェアが1個あります。

あまり存在を知られていないのか、空いていることが多いです。

マッサージチェア

シャワーはないが、歯ブラシはある

このラウンジ、シャワーはありません。

一番長いフライトでも2時間という国内線ラウンジだからでしょうか。

お手洗いには歯ブラシやブラシ、カミソリが置かれています。

トイレのアメニティ

電源・WIFI完備

ラウンジ内はもちろんWIFI完備。

各テーブルにWIFIのパスワードがはられているので、それを使います。

空港のWIFIももちろんあるのですが、ちょっと不安定で途切れたりするのでラウンジの安定高速WIFIは嬉しいです。

電源は一部の壁面に付いており、日本のコンセントが差し込める形状になっています。

すべての席についているわけではないので、電源を使用したい場合は電源の近くの席を確保しましょう。

ベトナムによく行くのであればベトナムのラウンジを使えるようになろう!

ベトナムのラウンジは国内線でも食事やお酒が食べ・飲み放題の素晴らしいラウンジです。

ベトナムによく行くようであれば、ラウンジを使えるようになるのがオススメ。

プライオリティパスは持っておくだけで空港での楽しみが一気に増えるので、飛行機好きであれば持つべき1枚です。

もっと知りたい人に向けてメールマガジンやっています

記事をお読み頂きありがとうございました。
もっと詳しく知りたい!そう思ってくれたのであれば、是非ともメールマガジンに登録ください。無料です。

何度も事業を起こしたり、無職になったり、裏切られて事業が消えたり、死にたくなったり、
そんな中で何があっても安心して挑戦を出来る基盤を作りたくて、資産運用を研究してきました。
香港にも何度も足を運び、FPにもなり、友人にアドバイスをして、その成果も出るようになってきました。
今では働かなくても生きていけるようになったので、本当にやりたい仕事だけに全力で挑戦できるようになりました。

事業を立ち上げるのはなかなか再現性がないのですが、資産運用はほとんどの人に同じ再現性があります。
つまり、これなら「皆が安心して挑戦出来る状態になれるのでは!?」と思っています。

2022年からは、それをどうにか伝えたい、そう思ってメールマガジンを再構築しています。
購読いただいた方からの質問も受け付けています。

少しでも「もっと明るい未来を計画したい」
そんな気持ちがあるのであれば是非読んでみてください。

\登録簡単!1分ですぐに登録完了します/

 

メールマガジンについてもう少し知りたい、という方はこちらも読んでみてください

あなたのライフデザインが一歩ずつ着実に進んでいくような、そんなメールマガジンにしたいと思っています。
その基盤となる未来の不安をなくして今を楽しめるようになる、そのためのお金の考え方を現在は発信しています。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践してブログなどで発信しています。
そして、そんな仲間を作りたい。

そんなメールマガジンにかける想いについてはこちらに詳しく書いています。

こんな記事もいかがでしょう