マラッカで2000円前後の安宿2件に泊まってみたら意外と良かった

今回のマラッカ滞在ではリーズナブルな宿2件に滞在してきました。

どちらも2000円ほどのホテルで、マラッカで探した限りでは結構安いところです。

ちなみに「ホットシャワー」「エアコン」「窓」「無料WIFI」は私的に必須なので、全てついてるところを選んでます。

1件目:ユーロリッチホテル

マラッカの中心から15分ほど歩いたところの、ホテルや飲食店が並ぶ住宅街にあるホテル。

オンラインで探して良さそうだったので決めました。

扉を入ると、平身低頭のマネキンがお出迎え。

いらっしゃいませ

いらっしゃいませーー

背筋まっすぐ45度!

横から。

45度で背筋の伸びた完璧なお辞儀です。

ちょっときもい・・・。

ユーロ"リッチ"ホテルの名前の通り高級感のあるロビー。ソファーもふかふか。

ここ、安宿なんですけどね・・・。

※外観はいい感じに寂れてました。

普通にきれいな部屋でした

お部屋がこちら!普通にきれい!全然問題ない!窓も大きい!

コンセントもユニバーサル対応なので日本のプラグも普通にさせるのが嬉しい。

シャワーはもちろん温水で、東南アジアではよくあるトイレと同じスペースにあるタイプですが全く問題なし。水圧も十分。

シャンプーは、、、頭ぱさぱさになるやつでした。

※私、窓無しの部屋が本当に苦手なんです。

 

結論:市内からはちょっと歩くが、泊まるだけなら問題なし!

ユーロリッチホテルの最新価格をチェック

2軒目:モンキーモーテル&カフェ

上のホテルでも全然問題なかったのですが、次はジョンカーストリート周辺も泊まってみよう、ということで選んだのがこちら。

ジョンカーストリート周辺はやはり相場がちょっとだけ高いです。

ロビーの壁にはモンキー

ロビーを入るとモンキーの壁画がお出迎え。

プロジェクターがおかれていて、スタッフが映画を見ていることもありました。

バックパッカーも多いのでしょう、ロビーの横の部屋にある洗濯機が使えるようになっています。

共用廊下には洗濯物が干してある

ロビーから奥は靴をぬぐようになっているので、結構キレイ。

とは言え、バックパッカー宿らしいなぁと感じるのが、いたるところに洗濯物がかけてあったりします。

むしろ、長期滞在で洗濯をしたい人は、ここなら洗濯もやり放題。

ベッドのみの部屋

部屋は、、、、本当でベットのみでした。あとは服をかけるポールがあるだけ。

バスルームは共同ということで、トイレとシャワーが一緒になったものが2組あります。

このあたりが気にならない方であれば、立地は最高、窓も小さいながらある、洗濯もできる、と結構良いのではないでしょうか。

 

結論:やはり中心部はちょっと部屋のランクが下る、が、バスルーム共同でも良ければ問題なし!

モンキーモーテル&カフェの最新価格をチェック

まとめ

世界遺産の街マラッカは観光客も多いのか、2500円前後のホテルは中心部にはあまり多くはありませんでした。

ホテルは安い方がいい、でも、ホットシャワー、エアコン、窓は必須!という私のような方にはどちらもおすすめです。

もっと知りたい人に向けてメールマガジンやっています

記事をお読み頂きありがとうございました。
もっと詳しく知りたい!そう思ってくれたのであれば、是非ともメールマガジンに登録ください。無料です。

何度も事業を起こしたり、無職になったり、裏切られて事業が消えたり、死にたくなったり、
そんな中で何があっても安心して挑戦を出来る基盤を作りたくて、資産運用を研究してきました。
香港にも何度も足を運び、FPにもなり、友人にアドバイスをして、その成果も出るようになってきました。
今では働かなくても生きていけるようになったので、本当にやりたい仕事だけに全力で挑戦できるようになりました。

事業を立ち上げるのはなかなか再現性がないのですが、資産運用はほとんどの人に同じ再現性があります。
つまり、これなら「皆が安心して挑戦出来る状態になれるのでは!?」と思っています。

2022年からは、それをどうにか伝えたい、そう思ってメールマガジンを再構築しています。
購読いただいた方からの質問も受け付けています。

少しでも「もっと明るい未来を計画したい」
そんな気持ちがあるのであれば是非読んでみてください。

\登録簡単!1分ですぐに登録完了します/

 

メールマガジンについてもう少し知りたい、という方はこちらも読んでみてください

あなたのライフデザインが一歩ずつ着実に進んでいくような、そんなメールマガジンにしたいと思っています。
その基盤となる未来の不安をなくして今を楽しめるようになる、そのためのお金の考え方を現在は発信しています。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践してブログなどで発信しています。
そして、そんな仲間を作りたい。

そんなメールマガジンにかける想いについてはこちらに詳しく書いています。

こんな記事もいかがでしょう